×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小説:原智さん

Le meilleur parfum

ダルタニャンが故郷に象を連れ帰ってから、どの位たつのだろう?
「すぐ帰ってくるよ」
そう澄んだ太陽な笑顔を残して、彼は旅立った。

ガスコーニュ………。
このパリから遠く離れた地。
田舎者の大群が住んでいる、ワインだけが取りえの、良く言えばのどかなー本当の所を言うと何もない、僻地。

そんな所が、私の大切な人の故郷。
生まれも育ちも、この大都会パリで、『故郷(イナカ)』なんてピンとこないーそれが私。
文明の微塵も感じられない、香水のかわりに牛糞の匂いが充満するーそれが彼の故郷。

―耐えられるだろうか?私に?

ぎゅ、と唇をかむ。

「どうしたのです?コンスタンス?」
「あ!すみません、王妃様!!御髪を整えている最中に……!」
「ふふ…いいのですよ…。あなたの愛しい人が、こんなにも長い間留守なのですものね」

茶目っ気たっぷりに、獲物を見つけた鷹のような目でこちらを振り返る。

―!しまった!
今日の鬱憤晴らしは私に決定?!!

周りをみると、他の侍女たちはそそくさと部屋を後にする。

「そういえば……貴女もここを去ってしまうのかしら?…寂しくなるわ…」
「ど・どうしてでございますか?王妃さま??」
「あら?だってダルタニャンと結婚して、彼の故郷に住むのでしょう?」

ばきーと小さく、掌の中の櫛が音をたてる。

「そんな!彼はまだまだ子供ですわ!それに、私たち、そんな関係じゃ―」
「嘘つき」

即答。
電光石火の即答だった。
いつもの、のんびりおっとりとした王妃様からは伺えない。

「何もない訳、ないじゃない?さ。正直におっしゃい、コンスタンス」
「―正直も何も………本当に王妃様の耳に入れるようなことは、何もございません!」
「ふふふ。嘘が下手ねぇ。そうね………せいぜい●。×。◆▼止まりかしら??」

―するどいっ!
流石、ゴシップの事になると、違うわ………・。
唯一の王妃様の(嫌な)楽しみなのだから、力の入れ具合も違うーということか?

「ガスコーニュ…だったかしら?その時には美味しいワインでも送って頂戴ね」
「……いえ、だって…彼は銃士ですもの……このパリで陛下にお仕えするのが仕事ですわ」
「でも…象って……すごい食欲なのよね……。結局見せるだけで、帰ってきたら……どうする?コンスタンス?」

眩暈がした。
ただでさえ、居候を決め込んで家賃もままならない、ダルタニャンのことだ。悪く言えばヒモ。
その彼が、あの象を連れて帰ってくる。

私は本気で象を呪い殺そうと思った。
このままじゃ…いけない。うちは壊れてしまう。象によって……。
嫌だわ!そんな末路!!!パリ新聞の一面記事の見出しまで浮んでくる。



『パリ1の仕立て屋。象で餓死。』



ぶんぶん、と首を振って悪い考えを頭から追い出す。
あの干草の量。
陛下がオプションで下さったものだから、まかなえたけれど……アレに南国の珍しいフルーツとか林檎とか…。
思い切って見世物にする?
いや、それも人手がたりない。
今、このパリにジャンがいないのが、惜しい。
仕立て屋には力仕事もいらないし、男手も間に合ってる。

「どうしたの?コンスタンス?手が止まっていてよ?」

―そうさせたのはおのれじゃ!

この言葉をようやく飲み込んで、謝罪を代わりに口にし、そそくさと髪を整えた。
いつも自分がやっておいて何だけれども……謎な髪型だわ……。
普段の下ろしたままの姿のほうが何倍も美しいと思うのは、私たち侍女仲間の意見だ。
もちろん、そんなの王妃様の耳にいれるわけにもいかず、黙々とただ髪をセットしている。

「お待たせいたしました、王妃様。」
「ありがとう、コンスタンス。―今日はもう自宅に戻りなさい。多分、今日辺り着くのじゃないかしら?あと3時間ーという所ね」
「…え?」
「他の3人に奪われないように、しっかり戸締りをしておくのですよ。」

有無をいわさない笑顔を浮かべ、王妃様はお宿下がりを私に命じた。

……そんな所まで、スパイはってんなよ……。

そんな想いを胸に、私は王宮を後にした。



■□■□



「良かった……いない………」
真っ先に向かったのは馬小屋。
灰色の大きな物体を探し、胸をなでおろす。
いえ!まだ安心はできないわ!
ダルタニャンの愛馬、黄色いロバみたいなロシナンテの姿もない。
まだ帰ってきてない証拠だ。

私は鍬を手に、馬小屋の掃除をする。
湿気を吸ってない、新しい干草。
新鮮な水をバケツに汲み、おく。
ブラシを壁に掛け、木枠の埃を叩き落とし、拭く。

これで完成!
『コンスタンス…僕のいない間も……っ!!(感涙)』
作戦は成功まちがいなしだ!

さあって、次は……。
家の中からはマルトが作る美味しいソテーの匂いがする。
ー私も作らなければ。
特製シチュー…といえば聞こえがいいが、自信を持って作れるのはスープと丸焼きだけだ。(参照:アニメ三銃士本編)
サラダも簡単だし、作ろう。
綺麗に盛り付ければ、見栄えもいいし。

ここまできて、ふと、嫌な予感がした。
奴らを連れてきたらどうしようーと。
言わずと知れた三銃士。
パリのアイドル。
ダルタニャンの金魚の糞。

特にあの大喰らいの大男。
奴がきた日には、食材は全滅する。
しばらくはパンとバターのみですごさなければならない。
いつか彼が『ケチなボナシューにしては張り切った』ーなんていってたけど……あれって…うちの10日分の食費を全てつぎ込んだのだ。
それを『張り切った』の一言なんて………っ!!!!!
ヒゲの男は馬鹿みたいに高い酒ばかり飲むし、しかも量が半端じゃない。
金髪の方はまだ、まし。−ただ味に異様に煩い。妙に肉食をさけてるので、結果、私の料理に集中する。これも気が抜けない。
何となく、彼には負けてはならないーと遺伝子が言っているのだ。
負けてはダメ。勝たなくては。そうしなければ、何かの座が危ういーと警告をならしている。
下手したら、ダルタニャンを持ってかれるーそんな考えまでがよぎる。
一番の強敵は………アラミスさまかも………。
どうして、バスティーユの時助ける手助けをしてしまったんだろうーと今更ながら悔やんでる。
彼氏を男に取られたーなんて、恥ずかしくて生きていけない。
ーない話ではないのだ。
ダルタニャンを見る、異様にまで優しい目つき。
そしてダルタニャンも、温か気な表情をしているのは…気のせい??

ダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムダムッ!
光速で野菜を刻む。
まな板までが、ちょっぴり切れたのは、ご愛嬌だ。

全ての料理が完成した頃、王妃様の言っていた時刻になる。
ーと、外でひづめの音がした。

(−すげぇ!)

王妃様の情報網に感心する。

心を落ち着かせて、耳を澄ます。
地響きも鳴き声も、しない。
他人の話し声も聞こえない。

『お疲れ様、ロシナンテ。』

彼の声だけが聞こえた!

「ダルタニャン!!!!!」

とるものもとらず、裏口に回る。
ドレスの裾がもどかしい。
ああ!おかえりなさい!まっていたのよ!
そう叫びたい気持ちを抑え、裏口の扉を開く。

「…だ……るたにゃん……」

息が荒く、上手く言葉にできない。

「ただいま!コンスタンス!」

若干日に焼けた、でも出発の時と変わらない笑顔で、彼はそう言葉を紡ぐ。

タダイマ

その言葉が嬉しくって、気が付いたら彼の胸に飛び込んでいた。

「…おかえり…なさい」

ぽろぽろと涙が彼の襟をぬらす。
遠慮がちに片腕を背中に回し、だまって頭を撫でてくれてる、その温もりが、嬉しかった。
夢じゃない、本物の彼。
ぎゅっーと服を握ると、お日様と埃、そして彼の匂いが鼻孔を擽った。

「ほら、嬉しいけれども…離れないと…コンスタンスも汚れちゃうよ?」

ぶんぶん、と頭をふる。

「もっと……こうして…たいのっ」
「そっか……良かった。実は、僕もなんだ」

二人で小さく笑って、見つめあい、そしてー瞳を閉じた。



■□■□



「ダルタニャン、象はどうしたの?皆喜んでた?」
「ああ!見せたかったよ!みんなの顔!!」

子供のように心底嬉しそうに言う。
彼には表も裏もない。
だから、本当に嬉しかったんだと思った。

「最初はさ、村長のところに連れてつれてかれそうになったんだけど……陛下直々だろ?無理強いはできなくって…」

象中心の会話。
それでも楽しい。
ダルタニャンがいるから。

「−で、結局うちで飼う事にしたんだ。幸い、ウチのほうには力仕事なんかもあるし、貸し出しーなんてことを始めてさ、なんとか食費は稼いでるみたいだ。そのうち、近隣の村からも要請が来るんじゃないかな?そしたら、じいちゃんとばあちゃんの暮らしも少しは楽になるし……親孝行ーじゃない、じいちゃん、ばあちゃん孝行ができたよ!」
「−それって…ダルタニャンが考えたの?」
「いいや、実はジャンさ!別れ際に、教えてくれて……それにうちのばあちゃんがちょっとアレンジしたんだ」

やっぱり……ジャンってあなどれない……。
本気で惜しい顔をしていた父さんの気持ちが分かる。

「−で?コンスタンスは?」
「私?私は…変わらない毎日だったわ。王妃様のお相手をして……今日偶然お宿下がりを頂いたの」
「へぇ〜〜!すっごいなあ!!」
「本当ね!」

(…王妃様のスパイって……)

こっそり胸のうちで付け足す。

「ところで……ダルタニャンは…ガスコーニュに戻るの?」
「え?」
「今はいいわ!…いずれ、将来よ………。」
「う〜〜ん。分からないや。僕は銃士だし…今はそれで手一杯だし…」

伸びをしながら答える。

「コンスタンスはさ、ここがいいんだろ?」

ぎくっ!とした。
見透かされてるような気がして、急いで目をそらした。

「僕も、パリは大好きだよ?素敵な友人とも会えたし…君とも会えた。」
「ダルタニャン……」
「でも、生まれ故郷のガスコーニュも好きだって気持ちは変わらないだろうなあ」
「…………………そうよね…」
「だからさ、コンスタンスだって同じ。自分の生まれた街だもの。離れたくないーって思うよね」

さらりーと言いのける。

「まだ、先のことなんて誰にでも分からないんだぜ!それを今から悩んだってしようがないよ。こんな仕事だもん。何時、どうなるか分からない」
「ダルタニャン!!」
「もちろん、僕にはコンスタンスがいる。そう簡単には死なないけれどね」

ウィンクをしながら、そっと顔を近づける。

「−優柔不断で頼りなくって…いい加減に聞こえるかもしれないけれど……僕はまだ先の事は考えなくてもいいと思う。ー君さえ傍にいてくれるなら、どこでも生きていけるさ」

ー年下だけれどね

そう笑って小さな箱を取り出した。

「ずっと…傍にいてくれるかい?」

小さな石のついたリング。

「旅商人から買ったんだ。安物だけれども……君の瞳の色とそっくりな石で……コンスタンス?」

涙が止まらなかった。
ごめんね。ダルタニャン。
私は自分勝手に思ってた。
イナカだからいやだとか、牛糞の匂いに耐えられないとか。
どれもこれも言い訳。
自分にだけたいする言い訳。
彼の気持ち、考えてなかったの。
1人でよがって、悪い面だけに目を向けて、避けてた。

ー君さえ傍にいてくれるなら、どこでも生きていけるさ

そういった彼が眩しかった。
かなわないーって思った。

「…こんな私、傍にいてもいいの?」
「だーかーらー!コンスタンスじゃなきゃダメなの!」

きっと私はものすごく、ブスな顔をしているだろう。
涙で化粧はぐちゃぐちゃになってるし、鼻水でぐずぐずいってるし。
きっと鼻だって赤い。目も真っ赤だろう。
でも、一番綺麗な笑顔を彼に向けれたーそう確信した。



■□■□



「−でさ、今度一緒にガスコーニュに来ないかーってじいちゃんが言ってたんだ」
「え?」
「うん、顔見たいんだって。勿論、ばあちゃんもだけれども…じいちゃん、張り切ってた。なんたってパリジェンヌだしね」

お土産の袋を並べながら、照れ隠しのように言う。

「オレの恋人はフランスで一番可愛いーっていったら、ジョルジュの奴、また嘘ついたってさ。『お前にそんな恋人できっこない!』なんていうんだぜ!」

酷く憤慨した顔で続ける。

「だから、言ってやったんだ。そんなら、今度連れて帰るって。………君がよければだけれども……僕の家族にも紹介したいんだ」

酷く、嬉しかった。
返事の代わりに何度も頷くと、ほころぶような顔を見せた。

「ただ…長期のお休みーとなると……明確にいつーとはいえないの…ごめんなさいね」
「いいよ。僕の方だって同じさ」

鼻歌交じりで荷物の整理を続けるダルタニャンに、お休みのキスをして、部屋を出る。




私は、決心を固めた。
王妃様にお願いしよう。
この際、侍女だなんだといっていられない。
だって…私の未来もかかってるんだもの!


牛糞臭に負けない香水を作って欲しい



これは死活問題だ。
この問題をクリアーしない限り、私はガスコーニュには行けない!



明日一番の謁見はこれだーと心に誓い、遠くない未来に想いを馳せ、私は眠りに就いた。

そんなわけで、さとPプレゼンツ「最強の香水」。(←私が訳すと身もフタもありませぬ)
さとPのサイトで40005ヒットを踏みまして、キリ番リク権をいただきました。

  • 私のリクエストというのは、
    1. ダル&コンスのラブラブ小説
    2. アニメの最終回でダルがガスコーニュに帰って、その後パリに戻ってきた時のお話
    3. コメディー
    ってことでした。