×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「ダルタニャン物語」の時系列

デュマのあいまいな時系列設定を理解するために、ちょっくらまとめてみました☆

  • 緑字は推測年月日。
  • その他は実際に「ダルタニャン物語」に書かれている記述。
  • 印はCOASAの推測コメントです。

第一部

  • 1−1 1625年4月
  •  
  • 1−2
  • 1−7 ここで1〜2年経っていそうだけど、1−14でまだ1625年らしいので…?
  •  
  • 1−8
  • 1−11 1625年7月上旬
  • 1−12
  • 1−14 1625年9月末?
  • 1−11から時間は経ってないはず…。
  • 18ヶ月後にラ・ロシェル包囲戦
  •  
  • 1−16 1625年9月20日
  • 10月3日に舞踏会
  •  
  • 1−28 1627年 2週間後の5月1日に戦争開始
  • 1−1 ダルタニャン18歳 ミレディー21,2歳
  • ローシュフォール44,5歳
  • 1−2 アラミス20〜23歳
  • 1−7 アトス30そこそこ バザン35〜40歳
  •  
  •  
  • 1−8 コンスタンス25,6歳 ボナシュー51歳
  •  
  • 1−12 アンヌ26,7歳
  • 1−14 リシュリュー36,7歳
  • 2−1
  • 2−8
  • 2−10 ダルタニャンは7,8ヶ月前にパリに出てきた
  • (byリシュリュー)
  • これはありえないと思うんだけど…。
  •  
  • 2−11 1627年6月28日
  • 1627年9月10日 パリへ出て1年間(ダルタニャン)
  • 2年半経ってるんじゃ…?
  •  
  • 2−12 1627年11月はじめ
  • 2−15 1627年12月3日
  • 2−19
  • 2−29 1628年8月23日 バッキンガム公暗殺
  • 2−30 1628年8月23〜25日
  • 2−31 1628年8月25日
  • 2−37 1628年9月6日
  • 2−38 1628年10月28日 ラ・ロシェル落城
  • 12月23日 国王パリへ凱旋
  • 2−1 ケティー20〜22歳
  • 2−8 ミレディー26,7歳
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 2−19 フェルトン25,6歳
  •  
  •  
  •  
  • 2−37 ダルタニャン21歳

第一部〜二部の間

  • 1631年までアトス軍籍に(2−38)
  • 1633年10月11日 アトスとマリー・ミション、一夜の宿(3−22)
  • 1634,5年 マザランフランスへ(3−2)
  • 1635年 フーケ、ヴォー・ル・ヴィコントの館を建てる(10−38)
  • 1642年 ダルタニャン、チクトンヌ街へ(3−5)
  • 6月頃 ダルタニャン、アトスから手紙をもらう
  • ブザンソンの包囲戦(3−7)
  • 1642年12月4日 リシュリュー死(3−1)
  • 1643年 ローシュフォール、バスチーユ入り(3−3)
  • 1644年8月2日の日付
  • 王妃、シュヴルーズ夫人に子どもを見舞うよう頼む(10−4)
  • 1645,6年 アラミス、ノワジーにて国王の双子の弟フィリップに会う(10−28)
  • 1645年 フィリップ、傅育官とともにノワジーを去る(10−4)
  • 1653年の分の記述とつじつまが合わない。
  • 1646年9月 ポルトスの領地で盛大な狩猟が催される(3−7)
  • 1647年4月 ダルタニャン、ポルトスからの手紙を受け取る(3−7)

第二部

  • 3−1 1648年?1月7日〜12日
  • 1648年だとおかしいところもあるんですが、他に考えられないので。ちなみに高等法院のフロンドは、1648年8月26日〜1649年5月30日
  •  
  • 3−2
  • 3−4
  • 3−6
  • 3−7 1648年1月の朝
  • 1648年に使った胴着?
  • 今が1648年だとしたら不自然な表現…。
  •  
  • 3−8 
  • 3−10
  • 3−12 春の気持ちのよい朝 
  • 3−7から時間はたいして経ってないのに、もう春なの?
  •  
  • 3−15
  • 3−16
  • 3−17
  • 3−22
  • 3−1 マザラン46歳 ダルタニャン39,40歳
  • コンデ公26,7歳
  •  
  •  
  •  
  • 3−2 ギトー64歳
  • 3−4 アンヌ46歳 ルイ14世10歳
  • 3−6 ダルタニャン40歳 マドレーヌ25,6歳
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 3−8 フリッケ13,4歳
  • 3−10 アラミス43歳
  •  
  •  
  •  
  • 3−15 アトス49歳 ラウル15歳くらい
  • 3−16 アンリエット(母) 40歳前後
  • 3−17 ルイズ7歳
  • 3−22 シュヴルーズ夫人44,5歳
  • 4−1
  • 4−3
  •  
  •  
  • 4−8
  •  
  •  
  •  
  • 4−17
  • 4−1 ギーシュ18歳
  • 4−3 モードント23歳 
  • リルの首斬役人55〜60歳
  •  
  • 4−8 ウィンター卿45〜50歳 
  • アンリエット(娘)14歳?
  • 2部の設定の方が怪しい
  •  
  • 4−17 マイヤール65,6歳
  • 5−7 1649年1月29〜30日
  • 5−8 1649年1月30日 チャールズ1世処刑
  • 5−17 1649年2月1日
  • 6週間フランスを留守にしていた
  •  
  • 5−28 1649年2月
  • 5−33 パリ条約 3月30日?

第二部〜三部の間

  • 1650年 チャールズ2世、スコーンで王位につきイギリス入り(6−9)
  • 1651年9月3日 チャールズ2世、クロムウェルに破れフランスに逃れる(6−9)
  • 1653年 フーケのヴォーの庭園ができる(10−38)
  • フィリップ、王妃からの手紙を読み、その後教師と乳母毒殺される(10−28)
  • 1658年9月3日 クロムウェル死(6−9)

第三部

  • 6−1 1660年5月中旬
  • 6−8
  • 6−14
  • 6−15 1660年5月
  • 6−18 7,8日前、アラミスよりポルトスへ「春分より先に着きたければただちに出発」という手紙。
  • 春分はもう過ぎてたんじゃないのかなあ?
  •  
  • 6−23 1660年6月上旬
  • 6−43
  •  
  •  
  • 6−44
  • 6-1 ラウル24,5歳
  • 6-8 ルイ14世22歳
  • 6-14 ダルタニャン54歳
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 6-43 マザラン59歳?
  • 58で亡くなったはず。
  •  
  • 6-44 コルベール、ルイ14世より13歳年上(36歳)
  • 7−1 1661年3月8日 マザラン死
  • 7−5
  • 7−7
  • 7−24
  • 7−33
  • 7−34
  • 7−36
  • 7−41 1661年3月31日 王弟結婚
  • 7−43
  •  
  • 7-5 ラウル24歳
  • 7-7 フーケ司祭40〜45歳
  • 7-24 アラミス57歳
  • 7-33 ワルド24,5歳
  • 7-34 アンリエット17歳
  • 7-36 ノーフォーク26,7歳
  • 7-41 トネー・シャラント21,2歳
  • 7-43 アンリエット16歳?
  • 8−2 1661年5月31日
  • 8−5
  • 8−14 1662年?
  • 1662年の記述はここしかないので誤りっぽい。
  •  
  • 8−16〜9−29 <フォンテーヌブロー編(2週間)>
  •  
  • 8−22
  • 8-2 ベーズモー60歳
  • 8-5 アラミス55歳?
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 8-22 ルイズ17歳
  • 10−3 1661年
  • 23年前の9月5日にルイ14世が生まれた
  •  
  • 10−30
  • 10−37 1661年8月15日
  • 10−38 1661年 →1653年にヴォーの庭園ができてから8年しか経ってない
  • 10-3 ルイ14世23歳 マルキアリ23歳
  •  
  •  
  • 10-30 モリエール40がらみ
  • 11−37
  • 11−エピ 4年後
  • 1666年 →1月前 (1666年1月20日)太后死
  •  
  • 11−ダル 1666年?
  • 英仏同盟、イギリスvsオランダ
  • 春出発 
  • ダルタニャン、フリーズ地方にて死
  • 情報いただきました!
    フリーズ地方とはここを差すらしいです。→wiki「フリースラント」
    ダルタニャンは史実とは違う場所で戦死したようですね。(きっきさんmerci!)
  • 11-37 アトス62歳