×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典

エーモン兄弟【fils Aymon】歴史上の英雄、神話、架空の人物等
[4人兄弟で1頭の馬に乗って戦ったと伝えられる](1-28)
  • きみのうしろに乗っかるわけにもいかないし、エーモン兄弟の生き残った二人みたいな格好になる。(byアトス)
  • (1-28)
  • カール大帝の重臣エーモンさんの息子たちらしいです。
駅長【】
ブロワから近い宿駅の駅長[]()
  • 1エキューの荷馬車をアラミスに貸した事で、1ルイの褒美をもらい、有頂天になる。
  • ()
  • 【】
  • (11-6)
エギヨン夫人【Mme d'Aiguillon】話題に上るのみの人
コンバレ夫人
[リシュリューの姪。コンバレ夫人](2-21)
  • リシュリューの恋人。
    トレヴィル邸で銃士たちに風刺した小唄を歌われている。(1-2)
  • アラミスに詩を作るよう頼む。(1-7)
  • ボアトラシー夫人より偉い。(1-8)
  • アトスがリシュリューの訊問に対して出した名前。(2-21)
  • コンバレ夫人【Mme de Combalet】
  • (1-2、7〜8)(2-21、31)
  • (1-2)で出てくる、「リシュリューの恋人」のエギヨン夫人と「リシュリューの姪」のコンバレ夫人は、同一人物のことらしいです。
エステファニア【Estefania】
ドーナ・エステファニア
  • (1-12、16)
  • donaは女性の尊称。
エセックス伯爵【】イギリス話題に上るのみの人
[エリザベス1世の寵臣。ロベール・ドウルー]()
  • 高貴な女性に慕われて、その贈り物の、ダイヤモンドをちりばめた素晴らしい指輪をはめていた。(byマザラン)
  • ()
  • 【】
  • (3-1)
エブレー司祭【】
マルシヤック公の教導師[]()
  • やきもちのあまり、マルシヤック公に殺されかける。
  • ()
  • 【】
  • (4-2)
エルブフ公爵【le duc d'Elbeuf】
  • 舞踏会当日、国王のお供をして市役所にやってくる。(1-22)
  • ブイヨン公爵、ラ・モット元帥と共にパリ市民の部隊を指揮する。(5-17)
  • ボーフォール公がエルブフ公を槍玉に上げたはやり歌を歌う。(5-19)
  • フロンド派。4人の息子を副官代わりに引きつれ、パリ軍の部隊をあちらからこちらへと飛び廻る。(5-20)
  • パリ条約により、自分と息子たちに下賜金を与えられる。(5-33)
  • (1-22)(5-17、19〜20、22、24、32〜33)
エレヴィア(西)【】スペイン
スペインの枢機官[]()
  • ()
  • 【】
  • (8-34)