×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典

総督【le gouverneur du port】(1)
カレーの港の総督
  • ダルタニャンに、枢機官によろしく伝えてもらえるとわかると、大喜びでダルタニャンの持つワルド伯爵の許可証に署名をする。
  • 【le gouverneur】
  • (1-20)
総督【le gouverneur】(2)
アミアンの総督
  • 亭主(2)がにせ金づくりの報告をし、捕虜をどう処置したらよいかうかがいを立てると、キョトンとした表情で、なにを言っているのか、かいもくわからない様子。
  • アトスに閉じこもられた亭主(2)が、再び訴えて出ると、「すべては身から出たさびだ」と返事をする。
  • 総督さま【M. le gouverneur】
  • (1-27)
  • ソクラティーヌ
  • モットヴィル夫人の妹
  • 頭がいいのでソクラティーヌと綽名されている。太后のおつきの夫人。
  • (4-24)
  • ソジー*
  • 【モリエールの『アンフィトリオン』に登場する臆病な従僕】
  • オリヴァンがソジーのように震える。
  • (4-13)
ソロモン王【le roi Salomon】
[賢者のきこえ高かったイスラエルの王](1-4)
  • ソロモン王の裁判と言うところ。(1-4)
  • (1-4)
ソワッソン伯爵【le comte de Soissons】
  • 舞踏会当日、国王のお供をして市役所にやってくる。(1-22)
  • (1-22)
  • ソワッソン伯爵夫人
  • カルタ会で、病気のマザランに代わりカードを持つ。
  • (6-39)