×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典

王弟【】(1)
ガストン・ドルレアン
  • 王弟殿下【Monsieur】(1-2)
    王弟殿下【S.A.R.Monsieur】(1-22)
王弟【】(2)
フィリップ・ドルレアン
  • ()
王弟妃【】
アンリエット
  • ()
オーストリア皇帝【l'empereur d'Autriche】オーストリア話題に上るのみの人
  • リシュリューの政策を快く思っていなかった。フランスに対し宣戦するようそそのかし、枢機官の追放を講和の条件とするようにと、アンヌ王妃が手紙を書く。(1-16)
  • (1-16)
オースタリー大公【】スペイン
敵の指揮官の一人[]()
  • ()
  • 【】
  • (4-6)
オートフォール夫人【】
アンヌ王妃の友人[]()
  • 毎晩、アンヌの着替えを手伝いながら、坊主など好きになると地獄に堕ちると言っていた。(byマザラン)(3-4)
  • マザランに追い出される。手紙を胴着に入れ、ルイ13世から手紙を取り上げられなかった。
  • ()
  • 【】
  • (3-4、23)(6-3)
大家【le propriétaire】
ボナシュー
  • (1-8〜9)
  • ダルタニャンの下宿の大家。
オール【】
モンタレー嬢*
  • ()
お内儀【l'hôtesse】話題に上るのみの人
アトスの家のおかみ
  • まだ年も若く、なかなか美しい。しきりに色目を使うけれど、アトスにはさっぱり効き目がない。(1-7)
  • (1-7)
おかみ【l'hôtesse】(1)
クレーヴクールの居酒屋のおかみ
  • でっぷりと太ってニコニコしている。陽気な顔立ち。
  • おかみさん【ma bonne dame】
  • (1-26、27)
おかみ【】(2)
マドレーヌ*
  • ()
おかみ【】(3)
「メディシス軒」のおかみ。クロポールの奥さん[]()
  • なかなか愛嬌のある顔。
  • ()
  • 【】
  • (6-5〜7)
奥方【】
オルレアン公爵夫人*
  • ガストン・ドルレアンの奥さん。オルレアン公妃。大公妃
  • ロレーヌ女。ヴィオルにせよクラヴサンにせよ、じきに音程をはずしてしまうほどの音痴。
  • (6-2、8〜9)
  • ()
奥さん【la maîtresse】
神学校時代のアラミスが、親しくしてよく出入りしていた家の奥さん。
  • アラミスが奥さんに「聖人伝」を読んでいると、1人の士官が案内もなしに飛び込んできて、妬ましそうにアラミスを睨む。
    舞踏会を開く。
    フラン・ブルジョア街に住む。(1-26)
  • (1-26)
【】話題に上るのみの人
リルの首斬役人の弟[]()
  • 素直な、信心深い若い僧。ミレディーに説き伏せられて駆け落ちするが、捕まって10年の禁錮と火印の刑を受ける。彼に烙印を押したのは兄である首斬役人。
  • 脱獄し、再びミレディーと共にベリーへ逃げ、小さな司祭職にありつく。ミレディーとは兄妹ということにしていた。
  • 最後は地下牢の風抜窓で首をくくって死ぬ。
  • ()
  • 【】
  • (2-35)
【】話題に上るのみの人
貴族(3)
  • アラミスが果たしあいで倒した相手
  • (3-10)
  • ()
オノレ*【】話題に上るのみの人
外科医[]()
  • ルイ14世の生まれるお産の時、控えの間に詰めていた。
  • ()
  • 【】
  • (10-3)
おふくろ【mère】
母親
  • (1-1)
  • ダルタニャンの母親
親父【père】(1)話題に上るのみの人
ムースクトンの父親
  • ひまなときは密猟みたいなことをしていた。ひまでないときはなかなか要領のいいことをやっていた。
    あいのこ信者になって、ときには旧教徒、ときには新教徒に化けた。それが理由で運悪く亡くなる。
    兄貴と自分をべつべつの宗旨に育てたのは先見の明があった。(byムースクトン)
    なかなか頭がよくて、愉快な人物だったらしい。(byダルタニャン)
    わなをかけたり、釣りをするのをムースクトンに教える。
  • (1-25)
親父【père】(2)話題に上るのみの人
アラミスの父親
  • アラスの包囲戦で戦死した。
    王さまにかわいがられていた。
  • 父親のおかげで、アラミスはすぐ銃士の制服を着ることができた。
  • (1-26)
オランプ【】
マザランの姪の一人[]()
  • ()
  • 【】
  • (6-8)
オリヴァン【】
[]()
  • 「アトス、およびラウルの従者。」(4巻)
  • アトスがブロワから連れて来た下男
  • グリモーが来るまで、ラウルのお供をする。(3-24)
  • 忠実な従者。自分の地位に満足している。プランシェやグリモーとは育ちが違う。(4-1)
  • 頑固そうな面構え。(byギーシュ)ブルターニュの男。(4-3)
  • 大喰らい。ちょいちょいお金をくすねる。ひどく臆病。(byラウル)(4-26)
  • 主人の好みを知り、家のあちこちに花を飾るという心づかいをする。
  • ()
  • 【】
  • (3-24)(4-1〜3、5〜6、13、26)(5-18)(10-20〜21)
  • オルタンス
  • マザランの姪の一人
  • (6-8)
  • オルナノ元帥*
  • 寒さと湿気で死ぬ。(byボーフォール公)
  • 死んだ部屋は砒素が充満していた。(byランブイエ公爵夫人)
  • (3-19、21)
オルレアン公【le duc d'Orléans】(1)
ガストン・ドルレアン
  • (1-1)
  • オルレアン公爵(2) →フィリップ・ダンジュー
  • オルレアン公爵夫人
  • 王弟ガストンの妃。ブロワに住む
  • (3-15)(4-25)
  • オルレアン公女
  • オルレアン公(1)の娘
  • プリンス・オブ・ウェルズ(のちのチャールズ2世)とのあいだに、縁談が進められていた。当人どうしは愛しあっていたが、破談となったらしい。(4-8)
  • オルレアン公爵夫妻とともに馬車に乗っていた。(4-25)
  • (4-8)(4-25)
オレイリー【O'Reilly】イギリス
バッキンガム邸に出入りする細工師。房飾りの足りない分のダイヤをつくる
  • アイルランド生まれのこの道の達人で、バッキンガム公爵邸に出入りするだけで、年に10万リーヴルもの収入があると言う。
  • 宝石の細工師【joaillier】
    細工師【orfèvre】
    オレイリー君【monsieur O'Reilly】
  • (1-21)
  • 親切な女
  • チクトンヌ街の『牝鹿亭』の隣の家の5階に住む。プランシェを布団の中にかくまう。
  • ろくな食べ物がない。(byプランシェ)
  • (3-7)