×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典

  • メアリー・グラフトン(英)
  • チャールズ2世がラウルに近づけようとした女性。ベリエール夫人の妹
  • バッキンガム公とも噂がある。イギリスの宮廷では指折りの美人。若い娘。魅力にあふれた表情豊かな微笑み。品のよい女性。誠実な人柄。細かい心づかい。母はフランス人。父がチャールズ1世の友人だったためパリに亡命。パリで育つ。
  • (9-44〜45)
  • メーヌ公爵*
  • ルイ14世とモンテスパン夫人の間の子
  • ルイが唯一怒りを爆発させた一件が、彼の隠れ家についてのこと。
  • (6-47)
  • 召使 →シャルロ
  • ラ・フェール邸の召使
  • 白髪頭で年の割には背中がまっすぐ。
  • (3-15)
  • メナージュ
  • 【17世紀の文学者、「備忘録」を遺した】
  • スカロンの言葉にうっとりとして聞き惚れていた。その日のスカロン邸の2つのうち1つのグループの中心。
  • (3-23)
  • メンヌヴィル
  • 漁師に扮したダルタニャンの部下の1人
  • モンクとアトスの灯り持ちとなる。ダルタニャンに手なづけられる。心は下卑ておらず、他の者より良心がある。フーケ司祭の部下の1人。司祭が特に目をかける。フーケに対する侮辱に反発。決闘に勝つ。コルベールの敵。
  • デムリ・リョード救出作戦の指揮をとる。その最中にダルタニャンの手に掛かる。
  • (6-25)(7-7、14、16)