×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典

リアンクール【Liancourt】
  • 舞踏会当日、国王のお供をして市役所にやってくる。(1-22)
  • リアンクール殿【M. de Liancourt】
  • (1-22)
  • リールボンヌ
  • ダルタニャンの部下の銃士
  • (3-3)
リシュリュー【Richelieu】
詳細ページへ
  • 「枢機官。当時の最高権力者。王妃と敵対し、陰謀を企てる宰相。」(1,2巻)
  • 枢機官【(M.)le cardinal】
    アルマン・デュプレシス枢機官【le cardinal Armand Duplessis】(1-2)
    赤公爵【le duc Rouge】(1-2、6)
    長老【Son Eminence】【l'Eminentissime】(1-6)
    アルマン・ジャン・デュプレシス【Armand-Jean Duplessis】(1-14)
    猊下【monseigneur】(1-14)
    長老猊下【Votre Éminence】(1-14)
    大枢機官さま【grand cardinal】(byボナシュー)(1-17)
  • 1部
  • リチャード(英)
  • クロムウェルの息子
  • クロムウェルの跡継ぎの任が肩に重すぎ、地位を追われる。
  • (6-9)
  • リュイーヌ*
  • ルイ13世が公爵兼総司令官に任命
  • 国王にかささぎ猟の手引きをする。
  • **国王のお気に入りだった。美少年。
  • アルベール(ダルベール)・ド・リュイーヌ
  • (2-30)(7-18)
  • リュイーヌ
  • 侯爵
  • シュヴルーズ夫人がリュイーヌ邸に住む。(3-22)
  • 大司教補の家でヴォワチュールをそそのかし、賭け事をする。(3-23)
  • プランシェが知り合いになった大勢の貴族の1人。(5-17)
  • **美少年リュイーヌは1621年に亡くなっているらしいので、上の人物とは別人と考えます。
  • (3-22〜23)(5-17)(10-4)
  • リュー*
  • ローシュフォールの友人。(5年前)
  • ローシュフォールと一緒にアンリ4世像の馬に乗る。
  • (3-3)
  • 竜騎兵
  • ラ・ロシェル戦中、「パルパイヨ」でダルタニャンたちの話に加わってきた
  • 焼かせるために持ってきた鵞鳥を1羽、サーベルの先に突き刺している。
  • (2-16)
  • リュシー・スチュアート(英)
  • チャールズ2世の寵姫の1人。メアリーの友人
  • 緑色の絹靴下を好んでいる。
  • (9-44〜45)
  • リュゼルヌ
  • ピカルディー連隊の名射手
  • ラウルの乗った馬を撃つ。
  • (11-40)
リュバン【Lubin】
ワルド伯爵の従者
  • プランシェが初陣の功をたてようと、おそいかかり、たちまち相手(リュバン)をひっくり返し、胸と膝で押さえつけた。
    ノルマンディーの生まれらしい。強情っぱり。(byプランシェ)(1-20)
  • きれいな家の1階に、どこかで見たような顔が現れた。花壇の上を行ったり来たりしている。
    ぼんやり空を見ている。(1-30)
  • (1-20、30)(9-8)
  • 猟犬頭
  • 堂々たる風采の騎士
  • フーケの悪口を言い、ダルタニャンに叱責を受ける。
  • (11-エピ)
  • 漁師
  • アンティーブの漁師
  • ダルタニャンに杖で殴られたり、舟を壊されたりと散々な目に遭う。
  • (11-12)
  • 領主
  • ダンマルタンのある領主
  • たまたまポルトスの友人だったので、ただで馬を5頭提供してくれる。
  • (5-31)
  • リョード
  • デムリとともに処刑される
  • フーケの幼友達。フーケの腹心。
  • (7-6〜7、9、11〜15、24、27)
  • リヨンヌ
  • 大臣
  • ルイ14世から王弟とアンリエットの婚姻に関する書簡を任される。フーケの代わりに裁可をくだした(かもしれない)。国王、コルベールとともに政務を行う。フーケの同僚。セルドン釈放の命令書を署名する。
  • (7-5、8)(9-3)(10-33)(11-33)
  • リルの首斬役人
  • リル(ベチューヌ)の首斬役人。ミレディーを処刑するが、のちにモードントに殺される
  • 背の高い、青ざめた顔の、髪もひげも真っ黒な男。(2-34)
  • 髪の毛と黒い頬ひげにかこまれた冷たい、まるで無表情な、青白い顔。昔、ミレディーに弟を誘惑され、自殺される。ミレディーに烙印を押した人物。(2-35)
  • 年のころは55か60、背が高く、がっしりして、日に焼けている。髭はごま塩になり、髪の毛は白くなった。ゴツゴツした特徴のある顔だち。(4-3)
  • 首斬役人の役目を譲ってから15年になる。いまでも処刑場に勤める。(4-4)
  • (2-34〜36)(4-3〜5、12〜13)