×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典 リシュリュー

 主要人物一覧へ
 り>リシュリュー項へ

リシュリュー【Richelieu】
  • 「枢機官。当時の最高権力者。王妃と敵対し、陰謀を企てる宰相。」(1,2巻)
  • 枢機官【(M.)le cardinal】
    アルマン・デュプレシス枢機官【le cardinal Armand Duplessis】(1-2)
    赤公爵【le duc Rouge】(1-2、6)
    長老【Son Eminence】【l'Eminentissime】(1-6)
    アルマン・ジャン・デュプレシス【Armand-Jean Duplessis】(1-14)
    猊下【monseigneur】(1-14)
    長老猊下【Votre Éminence】(1-14)
    大枢機官さま【grand cardinal】(byボナシュー)(1-17)
実在のリシュリュー
  • 1585年9月9日
  • アルマン・ジャン・デュプレシス【Armand-Jean Duplessis】
第一部 第二部 第三部

第一部

「枢機官。当時の最高権力者。王妃と敵対し、陰謀を企てる宰相。」(1,2巻)

(1-1)
  • 鼻っ柱の強さで評判。
(1-2)
  • フランス第1の王者とも言える長老。
  • アルマン・デュプレシス枢機官。
  • 灰色の口ひげ。
  • がにまた親父。猫背の爺さん。(by銃士たち)
  • 赤公爵。(byアラミス)
(1-3)
  • 山猫そっくりな目。(byトレヴィル)
(1-5)
  • 国王以上に権力がある。
(1-6)
  • 国王が眠っているときに寝ようともせず、国王が遊んでいるときにせっせと働き、フランスと言わずヨーロッパと言わず、国の内外の出来事を一手に切り盛りしている。(byルイ13世)
  • 国家の大黒柱。
(1-8)
  • 王妃に対して、サラバンド踊りの一件を根にもっている。(byボナシュー)
(1-9)
  • 銃士たちの真の敵、唯一にして永遠の敵。
(1-13)
  • たぐい稀れな宰相、古今に冠絶する名宰相。(by役人
(1-14)
  • いかめしい高慢そうな顔つきの中背の男。
  • 目は鋭く、額は広く、口ひげの他に唇の下のひげまで生やしているので、痩せこけた顔がいっそう長く見える。
  • 年は36、7にしかならないのに、髪もひげも、ごま塩になりかかっていた。
  • 剣こそ下げてはいないが、いかにも武人らしい風貌。
  • アルマン・ジャン・デュプレシス。
  • 聡明で優雅な騎士。
  • この人を比類なき傑物たらしめた、あのはげしい精神力が全身にみなぎっていた。
  • 心の底まで喰い入るような、匕首さながらのまなざし。
  • 長老猊下
  • 智慧のかたまりと言われる。
  • 猫撫で声。
(1-16)
  • 母后を憎み、アンヌ・ドートリッシュに復讐しようとする。
  • もともと教会の人間で、自分の本職をはなれ、その能力のない仕事に忙殺されている。(自称)
(1-23)
  • 執念深いし、気のきいた部下をたくさんもっている。(byトレヴィル)
  • どんな悪だくみでもしかねない相手。(byトレヴィル)
  • 女を釣るのは得意中の得意、いちばん有効な手段。(byトレヴィル)
(2-9)
  • 公爵大枢機官。
  • 敵には手厳しいが、味方にはこの上もなく親切。
  • フランス全土に実権を握り、国王も王妃も手が出ない始末。(byダルタニャン)
  • 裁判官に見え、詩人にも見えた。
(2-10)
  • 彼ほど人の腹の底までさぐるような目つきをした人物はいない。
  • 心が広い。(byダルタニャン)
(2-11)
  • 嫉妬ぶかい恋仇。
  • 王妃に恋している。バッキンガム公は恋仇。
(2-13)
  • 俊敏な頭脳。
  • 狸親父。
  • 大胆不敵、その点だけはどんなに悪口を言う連中も認めていた。
  • よく通る声。
(2-17)
  • ひとかどの策士気取り。(byポルトス)
(2-21)
  • この時代の人間としては、なかなか進歩的な思想の持ち主。
  • 他人が愉快そうにしているのは、自分が陰気なせいだと思いこむ妙な癖がある。
(2-37)
  • わしのような鋭いまなざし。

第二部

(3-1)
  • 大宰相。
  • [1642年12月4日、パリで死去している。]
  • いまではみんなが口々に褒め讃えるが、生前は民衆に憎まれ、評判が悪かった。
  • 何度も追放されそうになり、それをしきりに気に病んでいた。
((3-2))
  • [「ミラーム」という悲劇を創作。]
  • 金払いがよかった。
(3-24)
  • 国王を小さくした半面、王権を大いに伸長させた。
(5-22)
  • 国王の補佐役として超一流の人物。(byマザラン)
(5-24)
  • 立派な大貴族。マザランごときとは比較にもならない。(byコマンジュ)

第三部

()