×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典

  • ラ・ヴァリエール嬢 →ルイズ
ラ・ヴィユーヴィル【La Vieuville】
ルイ13世の廷臣。アンリ4世の寵臣
  • ルイの勝負事の続きを引き受ける。(1-6)
  • (1-6)(9-3)(10-14)
  • 宰相格だったが国王の逆鱗に触れ失脚。
  • ラ・ウーディニエール
  • 護衛隊長
  • ラ・ロシェル出陣の前に、リシュリューからの呼び出しをダルタニャンに知らせてきた人物。(2-9)
  • 銃士たちのサン・ジェルヴェの稜堡での活躍による騒ぎの真相を、調査するようリシュリューに指示される。(2-17)
  • ラ・ロシェルでリシュリューが供につれ砂浜へ出る。
  • (2-9、17、21)
ラ・コスト【La Coste】
近衛隊の旗手
  • 舞踏会の日、二人の部下と大ぜいの射手を引き連れて市役所にやってくる。
    クレマンに面会を求め、役所の部屋や事務所の鍵を渡せと要求。以後、門や付近の町々の警備にあたることになる。
  • ラ・コスト殿【le sieur de La Coste】
  • (1-22)
ラ・シェネー【La Chesnaye】
[ルイ13世の侍従長。1640年に宮廷から追放された](1-6)
  • (1-6)
ラ・トレムイユ【La Trémouille】
ベルナジューが、ダルタニャンとの決闘の最中に逃げ込んだ邸の主人
  • ベルナジューの親戚にあたる者が小姓として仕えている。
    トレヴィル同様、勇気もあれば、名誉をも重んずる武士。
    新教徒であるため、宮廷にはめったに顔出しせず、交際の面でもふだんは決して偏見を持たなかった。
    公明正大な、物わかりのいい人物。誠実な貴族。(byトレヴィル)
    かれこれ3年くらい会わなかった。(byルイ13世)(1-6)
  • トレヴィル邸でアトスとともに晩餐をしたためる。(1-15)
  • ラ・トレムイユ殿【M. de La Trémouille】
    ラ・トレムイユ公爵【le duc de La Trémouille】(1-6)
  • (1-6、15)
  • ラ・フェール伯爵 →アトス
ラ・フォンテーヌ【】(1)
文学者。いわゆる寓話作家。フーケの友人
  • ラ・フォンテーヌの寓話の中に出てくるさぎが、まずいかたつむりで腹を満たした。(1-1)
  • のんきな詩人。深い学識と有無を言わせぬ論理を持つ。ヴァネルと仲がよい。のんびりしてる。
  • シャトー・チェリーのガスコン人。(byロレ)
  • ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ【】
  • (1-1)(7-8〜10)(9-8)(10-2、5〜7、33)(11-35)
  • ラ・フォンテーヌ(2)
  • サン・メデリック街の角の薬屋
  • (9-8)
  • ラ・ブリュイエール(瑞)
  • ダルタニャンが化けたスイス兵の名
  • すごい外国なまりがある。
  • (5-28)
ラ・ポルト【La Porte】
アンヌ王妃の側役、相談役、腹心の侍従。ボナシュー夫人の名付け親
  • 王妃のせめて話し相手にもと、ボナシュー夫人をそばへ差し出す。(1-8)
  • ボナシュー夫人が連絡を取ろうとする。ダルタニャンに用心深い忠告をする。(1-10)
  • 王妃のそばにいて、糸をあやつっている。(byリシュリュー)(1-16)
  • ルーヴル宮殿から一歩も出られない。(1-17)
  • バッキンガム公の死に際に居合わせ、アンヌ王妃の手紙を読む。(2-29)
  • ルイ14世の侍従。(3-19)
  • 太后が、息子の一人を国王の身代わりにしようとする。(4-24)
  • 国王とフィリップの喧嘩のとき、審判にたてられる。
    落ちついた機知のある人物。()
  • 【M. de La Porte】
  • (1-8〜13、16〜17)(2-29、37)(3-4、19)(4-8、24)(6-9)(7-43)(10-3)
  • ラ・メーユレー元帥
  • マザラン派
  • もともと冒険好きで、軍人として民衆など頭から軽蔑してかかっている。勇敢な軍人。
  • 太后に命じられ、民衆たちの様子を探りに出る。民衆に襲われ、大司教補が現れたことにより助かる。太后にブルッセルの釈放を求めると約束。(4-19)
  • (4-16〜17、19〜20、25)
  • ラ・モット元帥
  • エルブフ、ブイヨン両公爵と共にパリ市民の部隊を指揮する。
  • (5-17)
  • ラ・ラメー
  • 「ヴァンセンヌ牢獄の看守。」(3巻)
  • 背が高く、でっぷりと頬がふくれ、顔色もつやつやしている。落ち着き払った様子。小さな目と大きな口。大きな手足。
  • 思ったほど馬鹿じゃない。(byマザラン)(3-18)
  • 毒味役としてボーフォール公のそばにつけられる。
  • 大金を支払って獄吏の役職を買い取った。この仕事に強い執着を持っていた。
  • ボーフォール公にとって親切な陪食者、永遠の番人、肉体につれ添う影となる。買収できないという点さえ除けばなかなか愉快で、つきあいのいい人物、大酒のみで、テニスの好きな気のよい男。
  • 優秀な獄吏。妻と子供をこよなく愛していた。陽気な性質で健康。(3-19)
  • なかなか用心深い。もともと善人で、ボーフォール公に心から愛情を抱くようになっていた。貪食。(3-21)
  • 人がよい。欠点はただひとつ、食いしん坊だということ。やさしい番人。好人物。女房と4人の子供がいる。(3-25)
  • ジャック・クリゾストーム・ラ・ラメー
  • (3-18〜21、25〜26)(4-21)
  • ラ・リヴィエール
  • ガストン・ドルレアンの寵臣で腹心の顧問
  • オルレアン公が、思いのままに引き廻される。(3-4)
  • オルレアン公爵夫妻と公女の乗った馬車に一緒に乗っている。(4-25)
  • ラ・リヴィエール師
  • (3-4)(4-25)
  • ラ・ルノード
  • ヴォワチュールが風邪で倒れた時、シーツを温めた貴婦人。
  • (3-23)
  • ラ・ロシェルの一市民
  • ポーツマスからやって来た。なぜか王軍の厳重な警戒線を突破できた人物
  • 王軍有利だったラ・ロシェル戦の形勢が、彼の宣伝であっさりくつがえされる。
  • (2-21)
  • ラ・ロシェルの市長
  • 徹底的に抗戦すると呼号する。反対し、降伏を画策した市民を捕え、絞首刑に処する。
  • (2-21)
ラ・ロシュ・ギュイヨン伯爵【le comte de La Roche-Guyon】
  • 舞踏会当日、国王のお供をして市役所にやってくる。(1-22)
  • (1-22)
  • ラ・ロシュフーコー公爵(1)
  • マルシヤック公の父親
  • 老公爵。(3-9)
  • アンヌ王妃からシュヴルーズ夫人に緑の祈祷書を届ける。
  • (3-9)(7-18)
  • ラ・ロシュフーコー公爵(2)
  • 若い頃マルシヤック公
  • 【『備忘録』の著者として有名】
  • (3-9)
  • ラヴァイヤック*
  • フェロンヌリー街でアンリ4世を暗殺する
  • 旧教徒。アンリ4世を暗殺し、処刑される。
  • (2-14)
  • ラヴァレット枢機官*
  • アラミスの部屋に飾られている4つの大きな絵の一つ。
  • (3-10)
  • ラウル →詳細ページへ
  • 「アトスとシュヴルーズ公爵夫人とのあいだにできた息子。ブラジュロンヌ子爵。」(3巻)
  • ラウル・オーギュスト・ジュール・ド・ブラジュロンヌ
  • 2〜3部
ラノワ夫人【Mme de Lannoy】話題に上るのみの人
リシュリューの手先(スパイ)。アンヌ王妃の装身具係
  • アンヌ王妃とバッキンガム公の密会をローシュフォールに報告。
    つねづねリシュリューのためにつくしている。(byローシュフォール)(1-14)
  • リシュリューが国王の命令で彼女を逮捕し、訊問したと報告。(1-16)
  • (1-14、16)
  • ラファイエット夫人
  • 【クレーヴの奥方の作者】
  • 王弟妃に目をつけられ、好意を寄せられる。バッキンガムが取り入ろうとした。
  • (7-41)
  • ラファエル*
  • 画家
  • ポーレ嬢のふさふさした金髪はラファエル好み。
  • (3-23)
  • ラフォローヌ*
  • 枢機官の友人で、有名な食道楽
  • アラミスが彼のところにいた料理番を雇い入れる。消化不良で死ぬ。
  • (3-10)
ラフマ【Laffemas】
役人
請願委員。
  • セギエがラフマの計画に力を貸す。(1-16)
  • 逮捕されたボナシューをひどい目にあわせる。
    悪魔のよう。枢機官の手先で、首切り役人のような男。(byボナシュー)(1-23)
  • 【M. de Laffemas】
  • (1-16、23)
  • (1-13)でボナシューを取り調べた役人がこの人物と思われる。
  • ラボー
  • ダルタニャンの従僕
  • いつも無言のまま、一刻も早く命令に従おうと待ち構えている。
  • (10-15)
  • ランバート将軍(英)
  • モンクに対抗して、イギリスの王冠を狙う人物
  • かつてクロムウェルの幕僚。議会封鎖を行う。軍部独裁主義。軍事政権を打ちたて、みずからその政権を握ることを狙う。議会を攻撃。権力のお膝元、反発力の強いロンドンを本拠地とする。もくろみは一見けばけばしいが中身はからっぽ。
  • (6-9、23)
  • ランブイエ侯爵夫人
  • 【カトリーヌ・ド・ヴィヴォンヌ、フランスで初めて文学サロンを開いた】 (3-2)
  • 【有名なサロンを開いていた婦人】 (4-14)
  • ランブイエ邸に、詩人連中が出入りしている。(3-2)
  • アラミスが彼女のサロンに出入りしている。(3-10)
  • 夫人が邸を建てて以来、窓に面した小さな寝室が流行になる。(3-22)
  • ポーレ嬢の友だち。ヴォワチュールが風邪を引いた時、煎じ薬を届ける。(3-23)
  • (3-2、10、19、22〜23)(4-14)