×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典

モーゼ【Moïse】歴史上の英雄、神話、架空の人物等
アミアンの修道院長が話題に出す。
  • 神の下僕にすぎない。
    ヘブライ(人)が敵と戦っているとき、モーゼは両腕を支えさせた。それゆえに両手で祝福したことになる。(by修道院長)(1-26)
  • (1-26)
  • 旧約聖書の『出エジプト記』などに現れる、紀元前13世紀ごろ活躍したとされる古代イスラエルの民族指導者。
  • モードント →詳細ページへ
  • 「ミレディーの息子。クロムウェルの片腕だが、母の仇を討たんと虎視眈々。」(4巻)
  • ジョン・フランシス・ド・ウィンター
  • 2部
モールヴェール【Maurevers】話題に上るのみの人
ルイ13世の廷臣の1人
  • [ルイ13世時代の有名な刺客](1-2)
  • 国王の不興を買い、トレヴィルが成敗。
  • (1-2)
  • モットヴィル夫人
  • アンヌ太后のおつきの婦人
  • アンヌ・ドートリッシュの残り物をいやな顔ひとつせず食べる。(3-12)
  • 晩餐の残りを衣裳部屋に運んで来て、それで夜食をしたためる。その晩、世話係に当たっていた。(4-24)
  • 世話役もする。太后が王弟の成婚の儀で若いバッキンガム公の姿を目にした時、彼女に話しかける。スペイン生まれ。太后の乳母。かつて王妃の秘密を分かつ友となった。
  • ラ・モレナ
  • (3-12)(4-24)(7-41)(9-6)
  • モリーナ嬢(西)
  • 太后の侍女
  • (10-3)
  • モリエール
  • 文学者
  • 40がらみの男。憂うつそうな顔つきは少し青ざめ、目の色は穏やかだがキラリと光っている。服装はかなり粗末で、髪の毛もろくに手入れしていない。
  • ポクラン・ド・モリエール 「コクラン・ド・ヴォリエール(byポルトス)」
  • (2-2)(10-30〜32)
  • モンク将軍(英)
  • イギリス王冠を狙う。純正共和主義者
  • 幻想家でなく政治家。ひびが入るどころか、ますますたがを締めてくる。懐の深さとねばり強さ。不平分子の巣であるスコットランドを拠点とする。うわべはこの上なく柔和に見えながら、じつはたいへんな独裁者。慎重で疑ぐり深い。
  • (6-9、20〜21、23〜34、36〜37)
モンタラン【Montaran】
王の護衛士。ボアトラシーの親友
  • 仁義を知らん男(byアラミス)(1-4)
  • エギヨン邸の前でアラミスと話をしている。
  • (1-4)
  • モンタルジ
  • マザランが味方につけている。
  • (3-1)
  • モンタレー嬢 →詳細ページへ
  • ルイズの友人。オルレアン公爵妃の腰元
  • オール・ド・モンタレー
  • 2〜3部
  • モンテギュー(英)
  • バッキンガム公の使者
  • ラ・ロシェル戦でフランス軍に逮捕される。取調べにより反仏同盟が成立していることが判明。(2-13)
  • 彼を捕えていることをバッキンガム公に伝えるよう、リシュリューがミレディーに指示。(2-14)
  • (2-13〜14)
  • モンテスパン
  • アテナイスが心をよせていると噂される
  • 見るだけでほれぼれするくらいの美男子。
  • (8-22)
  • モンドリ*
  • 当代きっての名優
  • ダルタニャンの芝居のうまさはこの人物にもひけをとらなかった。
  • (3-5)
  • モントレゾール伯爵
  • プランシェが知り合いになった大勢の貴族の1人。
  • (5-17)
  • モントローズ(モントロス)卿(英)
  • チャールズ1世の味方。チャールズ2世の忠臣となる
  • 国王軍に合流するために、国境へ向かって進撃中。超人的な作戦を強行した結果、勝利の女神に見はなされる。従僕に身をやつして逃亡するの余儀なきに立ちいたった。
  • 一再ならず、命を投げ出して働いてくれた人たちの一人。(byアンリエット王妃)(4-8)
  • 国王を売るような真似はしない。(4-27)スコットランド人。スコットランド人たちにしばり首にされる。
  • (4-8、27)(6-9)
  • モンバゾン
  • 公爵。モンバゾン夫人がボーフォール公のために用意した馬の持ち主。
  • (3-27)
モンバゾン夫人【Mme de Montbazon】
アンヌ王妃の友人の一人
  • 王妃はギトー夫人サブレ夫人、モンバゾン夫人、ゲメネ夫人らに囲まれていた。(1-16)
  • ボーフォール公の恋人。ボーフォール公が犬のピスターシュに、モンバゾン夫人のためにジャンプさせる。(3-19)
  • なつかしの美女。グリモーが夫人からの手紙をボーフォール公に渡す。(3-20)
  • シュヴルーズ夫人の義母。ロングヴィル夫人と仲違いしている。(3-22)
  • マリー・ド・モンバゾン【】()
  • (1-16)(3-19〜20、22)
  • ボーフォール公の恋人のモンバゾン夫人と、シュヴルーズ夫人の義母のモンバゾン夫人は同一人物?
  • モンパンシエ公爵夫人
  • のちにグランド・マドモアゼルと呼ばれ、ローザンとこっそり結婚して有名になった。
  • イギリス王子と浮名。(byギーシュ)
  • (4-2)
  • モンパンシエ嬢
  • 高貴な生まれの例えとしてミレディーが挙げた人物
  • (2-14)
  • モンモランシー
  • 【アンリ・ド・モンモランシー元帥、1632年、処刑された】
  • (3-4、10)