×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典 バザン

 主要人物一覧へ
 は>バザン項へ

バザン【Bazin】
アラミスの従者
  • 「アラミスの従者。」(3巻)
  • 「かつてのアラミスの従者。いまはノートル・ダム寺院の寺男。」(4,5巻)
  • バザン先生【maître Bazin】(1-27)(3-10)(5-19)
第一部 第二部 第三部

第一部

(1-7)
  • 坊さんの下男にふさわしく、いつも黒い服をまとっている。
  • ベリーの生まれ。
  • 年のころは35から40。
  • おとなしい、穏やかな性質で、ぽってり肥っている。
  • ご主人の用がないときは夢中になって宗教の書物を読みふける。
  • お料理は皿数こそすくないが、おいしいものを作って食べさせる。
  • 見ざる、言わざる、聞かざるの三拍子そろった男。忠実さにかけては、人にひけをとらなかった。
  • おとなしくて信心深い。アラミスを心から尊敬しきっている。
(1-20)
  • 小ぜりあいで、役に立つというよりも、足手まといになるばかり。
(1-26)
  • むかしから聖職者に仕えたいという夢をいだいていた。
  • こんなお勤めを続けていたら、いずれは地獄墜ちするに違いないと言うのが口ぐせ。
(1-27)
  • バザン先生。
(2-18)
  • 抜け目がない。(byアラミス)
  • 野心家だし、学問もある。歴史の本を読んでいる。(byアラミス)
  • のんびりしたニコニコ顔。
(2-38)
  • 平修道士になった。

第二部

「アラミスの従者。」(3巻)
「かつてのアラミスの従者。いまはノートル・ダム寺院の寺男。」(4,5巻)

(3-7)
  • ノートル・ダムの寺男。
(3-8)
  • 僧衣をまとい、堂々として、法悦にひたっている。鯨骨の杖を大事そうにかかえこむ。
  • 全身が丸々と肥って、いかにも坊主らしいかっぷく。
  • 顔にはとげとげしさがなくなっている。
  • 鼻は確かに残っているが、まん丸くふくらんだ頬がその鼻を両方から引っ張っている。
  • あごはのどの下に隠れている。
  • 脂ぎっていると言うよりは、むくんだように見える。
  • 目もどこかへ隠れている。
  • 坊さん然と短く刈り込んだ髪が眉毛に迫り、額がおそろしく狭く見える。
  • 額はむかしから狭く、一番広かったときでも5センチほどしかなかった。
  • 酒はやらない。
  • 短い、ずんぐりした腕。
  • むかしから鞭の代わりに傘を持ち歩く癖があった。
(3-10)
  • いつも寺男の服を着込んで、ぶつくさお祈りばかり唱えている。(byアラミス)
  • バザン先生。(byアラミス)
(3-11)
  • 怠け者。寺男になってから、さっぱり役に立たなくなった。(byアラミス)
(3-12)
  • 陰険。
(4-14)
  • その大きな目にカッと血がのぼると、つねに銃士の従者としての本領を発揮する。
  • 小うるさい番人。
  • とんでもない乱暴なやつ。教会の役人もへったくれもない。(byブレゾワ)
  • バザンのまぬけめ。(byアラミス)
  • ノートル・ダムの小役人。
(4-16)
  • 政治的立場はフロンド派。
  • 役僧。
(5-19)
  • 堂々たる僧服姿。
  • バザン先生。
(5-33)
  • ロングヴィル夫人の洗礼の式典を取りしきることになる。
(5-35)
  • 青い聖衣をまとう。

第三部

(6-17)
  • 太くて、やさしく、澄んだ声。
  • ずんぐり太った男。
  • ひらべったい顔に、灰色の髪を僧侶ふうにぐるりと短く刈り上げた頭に、古ぼけた黒ビロードの球帽をのせている。
  • 司祭。じきに悪くても認可書はもらえる。