ダルタニャン物語人物辞典

イーヴ【】
ロクマリアでのアラミスの従者。ブルトン人の船長。
  • ()
  • (11-28)
イギリス人(たち)【les Anglais】イギリス
アミアンの「金のユリ」の客。2人のイギリス人紳士。
うち1人はウィンター卿(1)
  • 長い旅のあとなので、腹はへる、のどはかわく、いまにもぶっ倒れそうなので、物凄いけんまく。
    多少外国なまりはあるが、流暢なフランス語でわめき立てる。
    見かけはいかにも勇ましそう。
    敵にうしろを見せるのが恥ずかしいと思ったのか、2人のうち向こう見ずなほうが、階段を5、6段降り、壁もこわれるほど扉を蹴飛ばした。(1-27)
  • 風変わりなやつ。グリモーに、自分のところへ奉公に来ないかと言っていた。(byアトス)(1-28)
  • 酒蔵に閉じこもったアトスと一触即発。翌日賭け事でアトスとダルタニャンから馬を巻き上げる。
  • 2人のイギリス人紳士【les deux gentilshommes anglais】
  • (1-27〜28、30)
イギリス人(たち)【les Anglais】(2)イギリス
ダルタニャンと三銃士とリュクサンブールの裏手で決闘した4人のイギリス人。
うち1人はウィンター卿(1)
  • いずれも名門の出。
    アトスの相手:アトスが真っ先に敵を倒す。たった一突きで相手の急所を、心臓をぐさりと刺す。
    この男の遺族は、一万五千ルイの年金を相続する。(byウィンター卿)
    ポルトスの相手:ポルトスに股を刺される。それ以上抵抗しようとはせず、剣を投げ出したので、ポルトスが腕にかかえて馬車まで運んでやる。
    アラミスの相手:アラミスの猛烈な太刀風にたじたじとなる。雲を霞と逃げて行った。
    ダルタニャンの相手=ウィンター卿:ダルタニャンが脇腹に一突きくらわせ、敵の剣をはね上げる。命を助け、ウィンター卿に感謝される。
  • (2-1)
医者【le chirurgien(le docteur)】
トレヴィル殿の外科医
  • 負傷したアトスを診る。(1-3)
  • (1-3、5)
イッポリット【Hippolyte】歴史上の英雄、神話、架空の人物等
[ラシーヌの「フェードル」に出てくる人物](1-29)
  • 主人たちが困れば、従者たちも困らないはずはない。イッポリットの馬と同様である。
  • (1-29)
  • イポリート、ヒッポリュトス。ギリシア神話では、アテナイ王、テセウスの子。