×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典

ヴァテル【】
フーケの邸の給仕頭。独自の信念を持って職務にあたっている
  • 目立った表情のない、善良な柔和な顔つきの男。数学者の顔から自尊心を取り除いたような顔。目がきらきらと輝き、唇には人を小馬鹿にしたような微笑がただようが、とくにどの相手にも向けられてはいない。
  • ()
  • (7-8)()
ヴァナン【】
フーケの友人の一人。死刑は免れる
  • ()
  • (7-6)
ヴァネル【】
高等法院の参事官。フーケから検事総長の職を買い取る
  • 恰幅のよい頑丈そうな、目の据わった鈎っ鼻の男。従順な性格と決然たる性格。
  • へりくだる事に優越感を感じる。(byコルベール)やきもちやきではない。(byフーケ)甲虫のよう。(byグールヴィル)
  • 幅の狭い顔。凹んだ目、弓形の眉。貪欲で野心的なタイプの人間。
  • ()
  • (10-2、6、9)
ヴァネル夫人【】
フーケの昔の恋人。ヴァネルの妻。コルベールの新しい恋人
  • ベリエール夫人の修道院にいた時の友人。自他共に許す消息通。会計主任の細君。デムリ夫人、リョード夫人の友人。悪賢い。豹の本能。
  • ()
  • マルグリット・ヴァネル【】
  • (7-6)(8-7)
ヴァランチノワ夫人【】
ギーシュの妹。王弟妃の女官
  • ()
  • (7-41)
ヴァロ【】
ルイ14世の侍医
  • ()
  • (9-24)
ヴァンサン師【】
[太后の告解師]神父。ヴォワチュールの詩に登場する。
  • ()
  • (3-23)
ヴァンドーム公爵【】過去の王族、貴族
ボーフォール公の伯父。アンリ4世の息子
  • 寒さと湿気で死ぬ。(byボーフォール公)
  • 死んだ部屋は砒素が充満していた。(byランブイエ公爵夫人)(3-19)
  • ヴァンセンヌに投獄された。(4-21)
  • ()
  • (3-19、21)(4-21)
ヴァンドーム(公爵)【】
ボーフォール公の父君
  • ヴァンドーム殿を迎えに行くところ。(byダルタニャン)
  • 海軍大将だった。(5-33)
  • ()
  • (4-26)(5-19、33)
ヴァンドーム夫人【】
ボーフォール公の母親
  • リシュリューが、子息のボーフォール公が自殺でも企てるのではないかと心配だと、夫人に言った。(byシャヴィニー)(3-19)
  • 怪我をしたブルッセルに使いの者を出す。(3-29)
  • アトスがイギリスに発つ前に訪問する。(4-14)
  • 追放になった。(5-19)
  • ()
  • (3-19、29)(4-14)(5-19)
ヴィトリー(ヴィトリ)【Vitry】話題に上るのみの人
[ルイ13世時代の有名な刺客](1-2)
  • 国王の不興を買い、トレヴィルに成敗される。(1-2)
  • もしまだ宮廷にいたら、大司教補は彼に殺されていただろう。(byダルタニャン)(4-20)
  • 人を殺したために、国王の手で元帥に任ぜられた。(byアンヌ・ドートリッシュ)(4-21)
  • プランシェが知り合いになった大勢の貴族の1人。(5-17)
  • (1-2)(4-20〜21)(5-17)(7-18)
ヴィトレー【Vitray】
リシュリューの命令で、手紙をミレディーまで届けた使者
  • 長靴を穿き、拍車をつけて、直立不動の姿勢で主君のまえに立っていた。一言も返事をせず、お辞儀をして、手紙と小切手とを受け取り、部屋から出て行く。
  • (1-14)
ヴィヨル【】
シャラントンの弁護士
  • 立派な人物だが、少し頑固なところがある。高等法院の一員。腕は立つ。500人の短銃兵を指揮する。裁判官の制服に長剣をはき、帯に拳銃という奇妙ないでたち。(5-20)
  • ()
  • (5-20、24)
ヴィルキエ【】
[アントワーヌ・ドーモン、ヴィルキエ侯爵、護衛隊長で、のちに元帥となる]()
  • サン・ロックの丘の指揮官。ボーフォール公逮捕の役目をギトーらにとられ、マザランと仲違い。国王の護衛隊長。相変わらずの無愛想な口調。(3-2)
  • コンデ公の指揮する部隊の指揮官の一人。(4-6)
  • 太后の使いとしてマザランを迎えに来る。(4-10)
  • 太后が、ヴィルキエ侯爵家で催される食事に招かれる人々の名前をあげる。(4-24)
  • ()
  • (3-2)(4-6、10、20、24〜25)
ウィルヘルム・フォン・ナッソー2世【】オランダ
オランダ総督。チャールズ2世を保護[]()
  • ()
  • (6-22)
ヴィルロワ【】
ルイ14世の式部官[]()
  • 枢機官派。(4-16)
  • 伯爵。大司教補をなぶりものにした一人。(4-17)
  • 元帥。太后が、よろしく伝えるようベルヌアンに命じる。(4-24)
  • ()
  • (4-16〜17、24〜25)(8-20)
ウィンター卿【lord de Winter(Milord de Winter)】(1)イギリス
詳細ページへ
ミレディーの義兄
  • 「イギリスの男爵。ミレディーの義兄。ダルタニャンと決闘ののち親しくなる。バッキンガム公爵の友人。」(2巻)
  • 「四銃士の親友にして、チャールズ1世の忠臣。」(4巻)
  • 2人のイギリス人のうちの1人。(1-27)
  • シェフィールドの男爵【baron de Sheffield】(1-30)
  • 1〜2部
ウィンター卿【】(2)イギリス話題に上るのみの人
ウィンター卿(1)の弟。ミレディーの二番目の夫。ミレディーに毒殺される[]()
  • 子供1人を残して先立つ。(2-1)
  • ミレディーの作り話にも登場。男爵。(2-26)
  • ミレディーを相続人に選ぶ。3時間のうちに、全身に青い斑点を残して変死した。(2-35)
  • ()
  • (2-1、20、24、26、35)
ウィンター伯爵(男爵)夫人【la comtesse(baronne)de Winter】
ミレディー
ウィンザーで開かれた舞踏会でバッキンガム公に近づき、房飾りのダイヤを盗む
  • 伯爵夫人。バッキンガム公とけんか別れしていた。妬みぶかい女。枢機官の手先。(1-21)
  • (1-21)(2-33)
  • 【伯爵、男爵の混同は原文のまま】(1-21)←伯爵夫人の方が誤りと思われる。
ウェールズ王子【】イギリス
チャールズ2世
  • (4-8)(5-8)
  • プリンス・オブ・ウェルズ(ウェールズ)(4-8)
ヴェルジェ【】
新王宮の中庭を歩いていた銃士ダルタニャンに命じられ、大司教補の馭者を監禁する。[]()
  • ()
  • (4-24)
ヴェルネ夫人【Mme de Vernet】話題に上るのみの人
  • アンヌ王妃とバッキンガム公のことで追放される。(1-12)
  • (1-12、16、18)
ヴォストプール男爵【】(独)ドイツ
管区長に立候補したウィーン生まれのドイツ人[]()
  • 野心家で愚かで肝っ玉が小さい。
  • ()
  • (8-34)
ヴォワチュール(ヴォアチュール)【Voiture】
[17世紀のフランスの詩人、サロンによく出入りした](1-26)
[17世紀のフランスの詩人。文学者。サロンに出入りし、上流社会に顔が売れていた](3-11)
[17世紀初頭の文人、社交界の花形であった](4-14)
  • 偉い詩人。(byバザン)(2-4)
  • アラミスと親しい文学者。大司教補の仲間。(3-11)
  • 大司教補邸で、リュイーヌ侯爵相手に賭け事に夢中になって風邪を引く。ヴォワチュール先生。大勢の貴婦人に取り巻かれている。150cmそこそこの小男。
    純粋な詩人。(byアラミス)詩を作る点にかけては天才とも言える。(byメナージュ)ふざけた言い廻しは天下一品だが、真面目な手紙になるとてんで駄目。太后を始め、おえらがたにたいして礼を失している。(3-23)
  • ついこないだ死んだ。(byアラミス)(4-14)
  • アラミスが書いた詩を見せて褒められる。(1-26)
  • ヴォアチュール氏【M. Voiture】(1-26)
  • (1-26)(2-4、18)(3-11、23)(4-14)(10-1)
馬商人【le maquignon】
  • ダルタニャンの黄色い小馬を、毛並みがめずらしいという理由でいい値で買い取る。
  • (1-1)
馬方たち【les garçons d'écurie】
アミアン「金のユリ」の馬方
  • 朝4時に起こされたことに腹を立て、グリモーをふくろだたきにした。
  • (1-20)
うまや番【les garçons d'écurie】(1)
クレーヴクールの居酒屋のうまや番
  • すばらしい3頭の馬を引いている。(byアラミス)
  • 赤毛の下男が引いている馬をアラミスがもらう。
  • (1-27)
うまや番【】(2)
アラスの居酒屋でローシュフォールが落とした手紙を拾い、ダルタニャンから半ピストールもらう[]()
  • ()
  • (2-30)