×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典

父親(のダルタニャン)【M. d'Artagnan père】
ダルタニャンの父親。
  • ガスコーニュ貴族。生粋のベアルン訛り。
    宮仕えをしたことはなく、宗教戦争にも義勇兵として参加しただけ。
    むかしはトレヴィル殿の隣人だった。(1-1)
  • 枢機官を尊敬しきっている。ダルタニャンに枢機官を尊敬せよと、くれぐれも諭す。(1-2)
  • 「国王さまと、枢機官と、トレヴィル殿を除いては、相手がだれであろうと尻込みしてはならん」というのがダルタニャンへの訓戒の骨子。(1-5)
  • アンリ4世に仕え、宗教戦争に出陣。(2-10)
  • 1646年9月に死ぬ。(3-7)
  • ダルタニャン氏【M. d'Artagnan】
    ダルタニャン老人【M. d'Artagnan père】(1-1、5)
  • (1-1〜2、5)(2-10)
  • チャールズ1世 →詳細ページへ
  • イギリス国王。清教徒革命で断頭台の露と消える
  • チャールズ・スチュアート
  • (2-27、30)2部
  • チャールズ2世 →詳細ページへ
  • チャールズ1世の息子。アトス、ダルタニャンの活躍で王座に返り咲く
  • プリンス・オブ・ウェルズ(ウェールズ)、ウェールズ王子
  • (4-8)(5-8)3部
  • チャーロット姫(英)
  • チャールズ1世の娘
  • 涙で目をうるませた金髪の美少女。
  • (5-8)3部
  • チュルケーヌの奥さん →マドレーヌ
  • チュレンヌ
  • ブイヨン公爵の弟。国王とコンデ公が不和の間、アトスがラウルにつかせた指導者
  • **三十年戦争にて、ツスマルシャウゼンの戦いに勝ってミュンヘンを占領、コンデ公とともに名将の誉れを高くした。
  • (5-19)(6-4)