×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典

  • 清教徒(1)(英)
  • クロムウェルの胸甲兵団に属する一人の年老いた清教徒
  • チャールズ1世をネブカドネザルと呼ぶ。暴君と呼ばれていた国王を目のあたりにして、その目は異様な光に輝いた。
  • (4-28)
  • 清教徒(2)(英)
  • なかば坊主、なかば兵隊といった清教徒の一人
  • 扉もたたかずに入ってくる。クロムウェルの周囲にあって幅をきかせている手合い。新入りの男。やぶにらみ。
  • (5-6)
  • セヴィニエ侯爵
  • プランシェが知り合いになった大勢の貴族の1人。
  • (5-17)
  • セヴィニェ夫人*
  • 【娘に宛てた書簡集の著者として有名】
  • 父シャンタル男爵が戦死し、生後1歳半で孤児となる。
  • (2-11)
セギエ【Séguier】
司法卿。アンヌ王妃から手紙を奪うという使命をおびる
  • おどおどしたような微笑。風変わり。
    この上もなく献身的な人物。(byデ・ロッシュ・ル・マール
    悪魔が襲ってきたら鐘を鳴らすよう院長に忠告され、3ヶ月昼夜鳴らし続けた。僧院で前代未聞の鬼っ子という評判をとる。
    参事官となり、リシュリューにとりいった。なかなか要領のいい男。
    リシュリューに全面的に信頼されている。(1-16)
  • 高等法院を敵視。(4-16)
  • 20年前に太后を危地に陥れた。弟はモーの司教(?)。(4-20)
  • 高等法院の代表団に宮廷側の最後通牒を突きつける。(5-17)
  • (1-14、16)(4-16、20)(5-17、23)
  • 司法卿のセギエ【M. le garde des sceaux Séguier】【le chancelier Séguier】
    司法卿【M. le chancelier】
セルヴァンテス【Cervantes】スペイン人小説家、歴史家等
小説「ドン・キホーテ」を書く。
  • ダルタニャンは、身体つきばかりでなく、心構えまで、かのセルヴァンテスの主人公にそっくりだった。
  • (1-1)
  • セルドン
  • 二行詩でイエズス会を攻撃したためバスチーユ入りした青年。アラミスに同情される
  • 18歳くらいの子供のような青年。貧乏暮らしの母親を持つ。
  • (8-4〜5)
  • セレスタン爺さん
  • プランシェの別荘で働く老いぼれた百姓
  • むかしイヴリの騎兵隊にいた。
  • (9-12)
船長【le capitaine】(1)
2本マストのサンド号の船長
  • バッキンガム公の指示で、ダルタニャンをロンドンからサン・ヴァルリーへ送る。
  • (1-21)
  • 船長(2)(英)
  • ミレディーをイギリスへ行かせるのにリシュリューが用意した船の船長
  • リシュリューの腹心。(2-14)
  • リシュリューから特別のお声がかりで預かった客ミレディーに、つれない仕打ちもできず困る。(2-19)
  • (2-14、19)
船頭【le patron d'un bâtiment】(1)
カレーの港の船頭
  • ダルタニャンがイギリスへ向かうのに乗った船の船頭。ダルタニャンが二人分の船賃を払う。
  • 【le patron】
  • (1-20)
船頭【le passeur】(2)
サン・クルーの渡し場の船頭
  • ダルタニャンが、さらわれたボナシュー夫人についてたずねる。
    ボナシュー夫人が人目を忍ぶ様子なので、かえって好奇心にかられ、注意深く気をつけて見ていた。
  • (1-24)