×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典

  • 大公 →コンデ大公
  • 大司教
  • パリの大司教
  • ノワジーに家を持つ。(4-9)
  • 甥に説教させるようマザランが要求。ローマ法王から絶大な権力を賦与された。(4-17)
  • **甥はレス大司教補、姪はロングヴィル夫人。
  • 大司教猊下
  • (4-9、17)
  • 大司教補 →詳細ページへ
  • 「高等法院長(?)。のちに枢機官、パリ大司教となる。」(3巻)「フロンド派の総帥。」(4巻)
  • レス枢機官、レス大司教補、副司教、ジャン・フランソワ・ド・ゴンディ
  • 2部
  • 代訴人 →コクナール
  • 隊長
  • リシュリュー門の屯所の隊長
  • 12人ばかりの部下を引き連れ、ちょうちんを手に持っている。
  • (4-24)
  • 鷹匠頭
  • 立派な風采の騎士
  • ダルタニャンにフーケの話題を振る。
  • (11-エピ)
  • ダニカン
  • デムリ、リョード救出作戦の命令を受けていた一人
  • 失敗した様子をフーケに報告。
  • (7-15)
ダリラ【Dalila】歴史上の英雄、神話、架空の人物等
[怪力のサムソンを誘惑した女](1-23)
  • 女はすぐ裏切るものだ。ダリラを見るがよい。(byトレヴィル)(1-23)
  • (1-23)
  • ダルクール公
  • ローシュフォールの友人
  • マントの引きはがしごっこをして遊ぼうと提案。
  • **ダルクール伯爵と同一人物かはわかりません。
  • (3-3)
ダルクール伯爵【le comte d'Harcourt】
  • 舞踏会当日、国王のお供をして市役所にやってくる。(1-22)
  • (1-22)
ダルタニャン【d'Artagnan】
詳細ページへ
全編通しての主人公。銃士。
  • 「この大ロマン全編を通じての主人公。三銃士とかたい友情のきずなで結ばれる。本巻ではまだういういしい紅顔の美青年。」(1,2巻)
  • 「この大ロマン全編を通じての主人公。銃士隊副隊長。」(3,4,5巻)
ダルタニャン氏【M. d'Artagnan】
父親
  • (1-1)
ダルタニャン夫人【Mme d'Artagnan】
母親
  • (1-1)
  • ダルブレ元帥
  • ヴォワチュールが礼を失したおえらがたの一人。
  • (3-23)
  • ダルマンジュ
  • ギーシュの供の老人。傳育官
  • 白髪まじりの老人。
  • 厳しい禁令よりもなお怖い。酸いも甘いもかみ分けた、なかなかの通人。骨の髄まで学者。(4-2)
  • 食事の途中でしんみりした話を持ち出されるのが大嫌い。(4-5)
  • (4-1〜3、5〜6)
  • タロン
  • 高等法院の判事
  • 【フロンドの乱についてくわしい覚書を残している】
  • (3-1)
  • ダンジョー
  • ルイ14世の寵臣
  • 国王がブロワに来た時、行進のしんがりをつとめていた延臣の一人。忠実無比。サン・テーニャンに地位をおびやかされ、もはや おべっか使い。マリコルヌが代わりにアイデアを売る、と サン・テーニャンを脅かす。サン・テーニャンの部屋を有利な取り引きで手に入れる。
  • (6-7)(8-29)(9-40〜41)
  • ダンフルヴィル
  • 艦船の艤装の専門家。コルベールに発見される
  • コルベールが、トゥーロンで大砲を鋳造させ、ブルゴーニュで樹木を伐採させた人物。
  • (11-エピ)