ダルタニャン物語人物辞典

  • ワルド子爵
  • ワルド伯爵の息子
  • 24、 5歳の騎士。青白い顔をした唇のうすい、目の鋭い、頭髪と眉の茶色い男。ギーシュより人を見る目がある。人当たりがよく、抜け目がなくて、感情をおもてに現さない。小さい頃から父親に、ダルタニャンに対する憎しみを植えつけられてきた。邪悪な性分の人間すべてが持つ才能ともいえる、詮索好きな鋭い目を持つ。
  • 根性も曲がっているが、なかなかのつわものらしい。(byアトス)
  • (7-33〜36、39〜42)(8-1〜2、10)(9-18〜20、26〜27、30)
ワルド伯爵【le comte de Wardes】
ロンドンに渡るときダルタニャンに許可証を奪われた貴族
  • 24、5歳。(1-20)
  • 枢機官の手先でローシュフォールの従弟。(byトレヴィル)(1-23)
  • カレーで総督の別荘へ行く途中、(ダルタニャンが)ひどい目にあわせた。
    (ダルタニャンに)身体に四突きぐっさりやられた。まだフラフラしている。(1-30)
  • 若くて美しく、金持ちで、枢機官のお気に入り。(2-1)
  • ダルタニャンが三太刀お見舞い申し上げた。(2-17)
  • ダルタニャンがさんざんひどい目にあわせる。なかなか意志強固な人物。生まれつきの勇気と負けん気。
  • ミレディーの恋人。
  • 【M. le comte de Wardes】
  • (1-20〜21、23、25、30)(2-1、3、5〜7、9、14、17、35)(7-34)(8-2)
  • 従者はリュバン