×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典

  • スイス兵(1)
  • ラ・ロシェル戦中、「パルパイヨ」でダルタニャンたちの話に加わってくる
  • ビールのコップでラムを飲んでいた。わざわざフランス語で「畜生め!」とがなり立てる。好物は鵞鳥の脂にジャムを混ぜたもの。
  • (2-16)
  • スイス兵(2)
  • パルパイヨの店で、マリー・ミションの手紙について銃士たちに話しかけてくる
  • 一度も夢を見たことがないことを、アトスにうらやましいと言われ得意になる。
  • **スイス兵(1)と同じ人物かどうか推測不可能
  • (2-18)
  • スイス兵(3)
  • ダルタニャンの留守中にマドレーヌが婚約していた
  • 大男が腰を振り振り歩く姿は、ポルトスそっくり。金ピカの立派な制服。六尺豊かな偉丈夫。主人気取り。
  • (3-6)
  • スーヴィニ
  • 銃士
  • ミレディーが知り合いだと名前を出した人物。
  • (2-31)
スーヴレー卿【le chevalier de Souveray】
  • 舞踏会当日、国王のお供をして市役所にやってくる。(1-22)
  • (1-22)
枢機官【(M.)le cardinal】
リシュリュー
  • 1部
  • [カトリック教会内で最高位をしめる聖職者。法王はこの枢機官の互選により任命される](1-1)
  • スービーズ公爵
  • ラ・ロシェルの代表者を先導した人物
  • 控え室でバッキンガム公を待っていた。
  • **ラ・ロシェル戦で致命的な打撃を受ける。
  • (2-29)
  • スカロン神父
  • 風変わりな詩人。その家は社交界の中心
  • 【17世紀の文学者。のちにルイ14世の寵姫となったマントノン夫人の前夫】(4-2)
  • トゥールネル街に住む。坊主。なかなか機智があって、客間には笑い声が絶えない。僧院をひとつ持っている。
  • そのむかしマンに住む。泳ぎはもともと達者だった。マンの一件から手足の自由がきかなくなり、車椅子の生活に。「陛下の患者」の肩書きを持っていた。大司教補と親しくする。目先のきく痛風病み。
  • マザランに恩給を取り上げられ、パリ全市にフロンドの風を吹かせる。
  • 錦の布団にくるまって、しきりに動いている。小さな顔だがかなり若々しい。目はいつも生き生きと輝いて、才気と気品に満ち満ちている。抜け目の無さそうな微笑。
  • **ピュルレスク派と呼ばれる詩人。(3巻解説)
  • (3-22、23)(4-2)
  • スキュデリー
  • ヴォワチュールの詩を非難する
  • 痩せぎすで背の高い男。色が黒く、大きな口ひげを生やし、長い剣をぶら下げている。半分妹(スキュデリー嬢)に手伝ってもらい「クレリー」や「グラン・シリュス」を書く。
  • (3-23)
  • スキュデリー嬢
  • スキュデリーの妹
  • 美しい女性。
  • ヴォワチュールを大作家として奉っている。(byドービニェ嬢)(3-23)
  • 自分の小説の中に「愛情の地図」を付す。
  • (3-23)(8-19)
  • ストラッフォード(英)*
  • 【トーマス・ウェントワース、ストラッフォード伯爵。1641年反逆罪で処刑された。このことがクロムウェル一派を刺激した】
  • チャールズ王にとって、まさしく永遠の後悔の種であり、昼間の亡霊、夜の幽霊。
  • (4-28)
  • スピッドヘッド(英)
  • モンク軍の軍曹
  • モンクに、夕飯代わりに煙をひとつまみ借りられる。
  • (6-23)
スペイン国王【le roi d'Espagne】スペイン話題に上るのみの人
アンヌ王妃の弟
  • リシュリューの政策を快く思っていなかった。
    フランスに対し宣戦するようそそのかし、枢機官の追放を講和の条件とするようにと、アンヌ王妃が手紙を書く。(1-16)
  • アンヌ王妃に指輪を贈る。その指輪はボナシュー夫人に託され、旅費となる。(1-17)
  • (1-16〜17)
  • フェリペ4世のこと。
スペイン人【le Espagnol】スペイン話題に上るのみの人
ムースクトンがシャンチイでめぐりあった人物
  • あちこち旅行した男で、新世界まで行って来た。
    下男を一人連れている。
  • (1-25)
スュルジス夫人【Mme de Surgis】
  • アンヌ王妃が自分の部屋に泊まらせ、一日じゅう引きとめた。
  • (1-14)