×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典 ボーフォール公爵

 主要人物一覧へ
 ほ>ボーフォール公爵項へ

ボーフォール公爵【le duc de Beaufort】
アンリ4世とガブリエル・デストレの孫
  • 「ヴァンセンヌに幽閉されているアンリ4世の孫。フロンド派。」(3巻)
第二部 第三部

第二部

「ヴァンセンヌに幽閉されているアンリ4世の孫。フロンド派。」(3巻)

(3-1)
  • コンデ大公と並んで、そのころフランスで最大の英雄と謳われた。
  • 30歳未満。
  • 民衆の味方。国家の敵。(国王の味方)
  • マザランに逮捕された。(ギトーによる)
  • 金廻りがよく、勇敢で、名声を一身に集め、女にちやほやされ、男には恐れられていた人物。
(3-3)
  • ローシュフォールに好意を持っていた。
(3-4)
  • マザランを暗殺すると紙片に書き、逮捕される。
(3-18)
  • 5年まえから監獄に入れられている。いつかは出て来るであろうと思って、マザランの頭を絶えず悩ませていた。
  • アンリ4世の孫。
  • まだ30歳にもなっていない。
  • 金廻りがよく、勇敢で、名声を一身に集め、女にはちやほやされ、男には恐れられていた。
  • 人生の華ともいうべき時期に逮捕され、獄中で死んだような生活を送っていた。
  • 博奕を打ち、酒を飲み、大いに愉快だと歌を歌う。
(3-19)
  • 詩を作る才能を天から授からなかったばかりか、散文を綴るのさえ大の苦手。
  • アンリ4世とガブリエル・デストレの孫。
  • 祖父と同様人がよく、勇敢で、自尊心が強く、ガスコン人気質まる出しの人物だが、惜しいことに教養が足りなかった。
  • ルイ13世他界後、宮廷一の人物とか騒がれたが、やがてマザランにとって代わられ、主導権を失った。
  • 思慮分別が足りない。
  • 国民の間で人気がある。
  • 幽閉が長びくにつれて、ますます片意地になる。
  • もともと画才がない。
  • 子供にそっくり。
  • 逮捕されたころ、モンバゾン夫人の恋人だったことは、あまねく知れ渡っていた。
  • 言い違いをしょっちゅうやってのける。
  • 口下手で有名な殿さま。
(3-20)
  • ひげも髪も伸び放題にしている。
  • 金髪で、ひげが少し赤い。
(3-21)
  • ヴァンドーム公は伯父。
  • マザランより15歳年下。
(3-25)
  • 勇敢無比な点にかけては評判。
  • 器用で、体力もあり、きわめて冷静。
(3-26)
  • 容易なことで降参するような男じゃない。(byマザラン)
(4-18)
  • 政治は苦手。
(4-26)
  • ヴァンドーモワから到着。
  • 父はヴァンドーム殿。
(5-17)
  • 堂々たる風貌に美しい長髪をなびかせる。
  • 中央市場の王さまと呼ばれるほどの人気。
(5-19)
  • ヴァンドームの邸に住む。
  • 太后によって母親(ヴァンドーム夫人)が追放される。
  • 父の死に際して海軍大将の世襲権が約束されていたはずだった。
(5-20)
  • 例の下手くそな演説。(by大司教補)
  • 豪勇無双という評判をとった。
(5-33)
  • パリ条約により、宮廷に入ることになる。
  • 父君ヴァンドーム公の持っていた海軍大将の世襲権を得る。

第三部

(11-7)
  • 全ての人をひきつけずにはおかぬ、真率で誠意あふれる口調。
  • 生粋のパリジアン。旧市街一体を支配し、市場の王さまと呼ばれている。
  • 50年このかた風変わりな面ばかりを表に現して生きてきた。
(11-14)
  • 自分の邸にいるときは軽薄でほら吹きで利己主義。
  • 有能な軍人を選ぶ眼力を備えている。