×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典 ボナシュー

 主要人物一覧へ
 ほ>ボナシュー項へ

ボナシュー【Bonacieux】
  • 「ダルタニャンの家主で小間物屋。枢機官にたぶらかされてその手先となる。」(1巻)
  • 「大司教補に協力する乞食の総取締。じつはかつて(第1巻)のボナシュー。」(5巻:マイヤール)
  • ボナシュー氏【M. Bonacieux】
    大家【le propriétaire】(1-8)
    小間物屋【le mercier】(1-9)
    ジャック・ミッシェル・ボナシュー【Jacques-Michel Bonacieux】(1-13)
    亭主【l'hôte】(1-25)
    マイヤール【Maillard】
第一部 第二部 第三部

第一部

「ダルタニャンの家主で小間物屋。枢機官にたぶらかされてその手先となる。」(1巻)

(1-8)
  • 人のよさそうな顔つき。
  • 3年ばかりまえ、縁あってボナシュー夫人と夫婦になる。
  • 察しがいい。(自称)
  • なかなかのお金持ち。
  • ジャン・モッケの最近の航海にも、いくらか資金を出す。
  • なかなか用心深い性質。
(1-10)
  • 悪いことなんか、なにひとつできない人。(byボナシュー夫人)
(1-11)
  • 金持ち。(自ら広言)
  • まぬけな亭主。
  • 堅気な小間物屋。
(1-13)
  • ジャック・ミッシェル・ボナシューという名前で、年齢は51歳、小間物屋を廃業して、フォッソワイユール街の11番地に住んでいる。
  • 根強い利己心が浅ましい吝嗇と結びつき、そのすべてに極端な臆病さがしみこんでいる。
  • 武家の生まれではない。
  • 生粋のパリっ子。
(1-14)
  • 甘いご亭主。(byリシュリュー)
(1-17)
  • 正直な気のよい男。(byボナシュー夫人)
  • たいへん欲が深い。(byボナシュー夫人)
  • 向こう見ず。(byボナシュー夫人)
  • 弱虫で、欲ばりで、お馬鹿さん。(byボナシュー夫人)
  • 臆病でけちんぼ。
(1-18)
  • まぬけで血のめぐりが悪い。(byダルタニャン)
(1-23)
  • 裏切者の顔つき。(byプランシェ)
(1-24)
  • 目つきが陰険で、口の動かしかたが不愉快。(byプランシェ)
  • 背の低いでっぷりした男。頭はごま塩、地味な安っぽい服。背の低い老人。(byサン・クルーの老人
  • どう見ても貴族じゃない。刀も下げていない。他の連中から安っぽく扱われていた。(byサン・クルーの老人
  • 下男かなんか。(byダルタニャン)
(1-25)
  • 陰気な性格。
  • 顔色が病的で、黄色っぽく青ざめている。
  • 顔にしわを寄せるとき、どことなく薄気味悪い感じがする。
  • 太って、背の低い、頭はごま塩で、下男のような地味な着物を着ていた。
  • 相当な悪党。(byダルタニャン)
(2-8)
  • 薄汚い親父。

第二部

「大司教補に協力する乞食の総取締。じつはかつて(第1巻)のボナシュー。」(5巻:マイヤール)

(4-17)
  • 乞食。
  • ほぼ6年このかた、サン・トゥースターシュ教会の階段で、信者たちに聖水を振り撒き、施し物を求めている。
  • 乞食仲間の総取締。
  • マイヤール。
  • 年のころは65,6。
  • 背は低いが、小肥りの男。
  • 灰色の髪に、褐色の目。
  • 顔つきには内心の苦悶がありありと、うかがわれる。
  • 生まれつき邪悪な心を意志の力によって、おそらくは悔恨によって、おさえつけている。
  • 隠しても隠しきれぬ皮肉な調子を帯びた声音。
(4-18)
  • サン・トゥースターシュ教会の聖水係。
  • なかなか欲張り。(by大司教補)
  • 余生を慈善事業に捧げると誓っている。(自称)
  • 深い悔恨にとらわれた口調。
  • 6年前に乞食となる。
(5-33)
  • 大司教補がむしゃくしゃしたときにいつも相手をさせられる。
(5-34)
  • 民衆の出というよりは、むしろ立派に乞食の仲間入りができそうな男。

第三部

()