×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典 ボナシュー夫人

 主要人物一覧へ
 ほ>ボナシュー夫人項へ

ボナシュー夫人【Mme Bonacieux】
  • 「小間物屋ボナシューの細君で王妃の肌着係をしている忠実な侍女。ダルタニャンの初恋の対象となる。」(1,2巻)
  • コンスタンス・ボナシュー【Constance Bonacieux】(1-11)
第一部 第二部 第三部

第一部

「小間物屋ボナシューの細君で王妃の肌着係をしている忠実な侍女。ダルタニャンの初恋の対象となる。」(1,2巻)

(1-8)
  • 頭も悪くなし、顔だちもまず十人並み。(byボナシュー)
  • 名付け親は、王妃の側役のラ・ポルト
  • ボナシューにぞっこん惚れこんでいる。(byボナシュー)
(1-9)
  • ご主人(王妃)に忠実。
  • 小間物屋の細君
(1-10)
  • 年のころは25か6くらい、なかなかの美人。
  • 髪の毛は栗色で、目は青く、鼻はやや仰向きだが、歯並みはきれいで、バラ色と乳白色の肌はまるで大理石のよう。
  • 手は白いには白いけれど華奢な感じがなく、足の形も身分のある婦人とはどう見ても受け取れない。
  • 魅力たっぷりな微笑。
  • 物わかりがよく、情愛が深い。(byボナシュー)
  • バラ色の唇。
  • かわいらしい小さな身体。
(1-11)
  • 美しくて、神秘的。
  • 宮廷の秘密はなにからなにまで知り抜いている。
  • 美しい顔立ちに品のいい重々しさが加わって、魚心あれば水心といった風情。
  • 美しくて上品で才走った若い婦人。
  • 25歳。
  • 相手をからかってみようとする例の癖。
  • ほんとにおきれいなかたなのに、ひどく不思議な感じのする人。(byダルタニャン)
(1-12)
  • 王妃付きの侍女として顔を知られていた。
(1-17)
  • 美しい目の中にひたむきな誠実さが輝いている。
  • 18歳でボナシューと結婚。
  • 身分以上に高貴な心情の持ち主。
  • 23歳になったばかり。
  • 男みたいな女。しかも男より気が強い。(byボナシュー)
(1-22)
  • 黒いビロードのマスクで顔を隠していた。
  • 身軽で気がきいている。
  • 小鳥のようにすばやい。
  • 魅力たっぷりなしぐさだが、どこかに犯しがたい威厳がある。
(1-25)
  • 若くて美しい。
  • 疑いもなく、枢機官の復讐の犠牲になった。
(1-30)
  • どこにいるかわかったら、たとえ世界の果てだろうと、飛んでいって敵の手から救い出す。(byダルタニャン)
(2-1)
  • やさしくて魅力的で、申し分ない。(byダルタニャン)
(2-9)
  • 三銃士ではアトス以外には彼女の顔を知るものはない。
(2-14)
  • マントの牢にいた。
(2-31)
  • 天使のような顔つき。かわいらしく、品がいい。(by尼僧院長)
  • ブロンドの髪に、滑らかな肌。やさしい好奇心たっぷりなまなざし。

第二部

()

第三部

()