×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典 ミレディー

 主要人物一覧へ
 み>ミレディー項へ

ミレディー【Milady】
  • 「イギリス生まれの絶世の金髪美女。アトスのかつての妻で、枢機官の腹心。」(1,2巻)
  • ウィンター伯爵(男爵)夫人【la comtesse(baronne)de Winter】(1-21)(2-33)
    ミレディー・クラリック【Milady Clarick】(2-1、14、15)
    アンヌ・ド・ブリュイ【Anne de Breuil】(2-15)
    クラリック夫人【lady Clarick】(2-19)
    シャルロット・バックソン【Charlotte Backson】(2-24、35)
    ラ・フェール伯爵夫人【la comtesse de La Fère】(2-35)
    シェフィールド男爵夫人【la baronne de Sheffield】(2-35)
    ミレディー・ド・ウィンター【Milady de Winter】(2-35)
  • [milady:英語のmy ladyの崩れた形。フランスではイギリスの貴婦人にたいする敬称として用いられる](1-1)
第一部 第二部 第三部

第一部

(1-1)
  • 年のころ21,2と見える妙齢の婦人。若い美しい婦人。
  • これまで暮らしてきた南の地方ではまったく類のない美しい顔。(byダルタニャン)
  • 青ざめた、金髪の女性。
  • 渦を巻いた長い髪が肩の上に垂れ下がっている。
  • もの憂いような青い大きな目、バラ色の唇、真っ白な手。
(1-3)
  • イギリス人。
(1-8)
  • ローシュフォールからなにか重大な使命を託されたらしい美しい女の旅人。
(1-21)
  • ウィンター伯爵夫人。バッキンガム公とけんか別れしていた。妬みぶかい女。枢機官の手先。
  • マンの女。ダルタニャン自身もすばらしい美人だと思った女。
(1-27)
  • アトス25歳のころ、16の娘。
  • (16歳のとき)若いだけに無邪気だが、どこかに激しい気性を秘めている。
  • 司祭である兄と2人で小さな町に住む。
  • 絶世の美人。
  • 立派な家柄の出だという噂。
  • 肩の上に百合の花の焼きゴテが入っていた。盗みの前科があった。
  • 兄だった男は彼女の最初の恋人で共犯者。
(1-28)
  • ブロンドで、背の高い、青い目の女。
(1-29)
  • 美しいばかりでなく、相当な家柄の女性。
  • ひざまずいているマットは、うしろに控えた黒い肌の少年が持って来たものだし、侍女が紋章入りのハンドバッグをもって控えているが、いま読んでいるミサの本はそこから取り出したものであった。
  • 赤いマットの夫人。絶世の美女。
  • 使いのものが入り口に待っていたし、りっぱなおしきせを着た馭者が、馬車のまえに腰かけていた。(byコクナール夫人
(1-30)
  • 自分の生涯に影響をおよぼしそうな気がする。(byダルタニャン)
  • 流暢なフランス語。
(2-1)
  • ウィンター卿の妹。
  • ミレディー・クラリック。
  • 宮廷の御覚えもめでたい。
  • アドレスはそのころの高級住宅地ロワイヤル広場の6番地。
  • 不思議な女性。(byダルタニャン)
  • 枢機官の手先。
  • 自分でもよくわからない感情から、知らず知らずのうちに、この女のほうに引かれてゆくような気がした。(byダルタニャン)
  • ワルド伯爵とのあいだに恋愛が進行中。
  • 世にも稀れな美しい金髪。(byダルタニャン)
  • かわいがっている猿がいる。
  • 一種の残忍さがその顔にあふれている。
  • 表情の変わる早さは驚くばかり。
  • 唇の美しさはまた格別で、まるでサンゴのよう。
  • ウィンター卿は義理の兄にすぎない。ウィンター卿の弟と結婚、子供一人を残して先立たれた。
  • イギリス人でなく、フランス人だという確信を持つ。(byダルタニャン)
    まじりっけのない、品のよいフランス語を話す。
(2-3)
  • ふだんはつとめて隠しているかん高い声。
  • 魔性の女。
  • 牝獅子。
(2-5)
  • 娼婦のような卑しい魂の持ち主。(byダルタニャン)
  • この女の魅力は不思議に強い。
  • 気性が激しい。
  • 気の弱い女とは違う。恥をかかされて気分が悪くなったりはしない。(自称)
(2-6)
  • キンキン響く声。
  • なかなかのしたたか者。(byダルタニャン)
(2-7)
  • 腹黒い。
  • 澄んだ目。
  • ふっくらした真っ白な肩に百合の烙印。
(2-8)
  • 26,7歳の女。
  • ブロンド。
  • 澄んだ青い目で、異様に光る。
  • 眉とまつげは黒。
  • 背が高くて、すらりとして、左の糸切歯が1本欠けている。
  • 茶色っぽい小さな百合の花、こってり塗りたくっているので、ほとんど目立たない。
  • 怒ると牝の虎か豹といったところ。(byダルタニャン)
  • 枢機官のスパイ。
(2-12)
  • アトスは首を絞めて殺そうとした。
(2-14)
  • すばらしい記憶力の持ち主。(byリシュリュー)
(2-15)
  • ミレディー・クラリックという名前がアンヌ・ド・ブリュイの前身を隠した。(byアトス)
  • 女らしさなどみじんもない。
(2-18)
  • けしからぬ女。ウィンター卿を殺して遺産を手に入れようとした。フランスで既に結婚した身だったのに、ウィンター卿の弟と結婚しようとした。肩に烙印があったので夫に追い出された。
  • 幽霊みたいな女。一度見ただけで、だれしもおちおち眠れなくなってしまう。
(2-19)
  • ポーツマスからマンチェスターへかけて、これまで一度も聞いたことがないような、まじりっけのない英語のアクセント。
  • クラリック夫人。
  • ほのおのような目で相手の心を読み取り、秘密を嗅ぎ出してしまう。
  • もともとはげしい気性の持ち主。
(2-20)
  • 若くて綺麗で、世にもほれぼれとする顔かたち。
(2-21)
  • ときには蛇のようになり、ときには牝獅子のようにもなる異常な性格。(byリシュリュー)
(2-22)
  • 負ける事を知らぬ悪の女王。
  • 男まさりの魂。
  • 表情たっぷりな動きの多い顔。
(2-23)
  • 生まれ持ったするどい勘。
(2-24)
  • 自分のいちばん大きな魅力が声にあることを自覚。
  • シャルロット・バックソン。
(2-31)
  • 生まれつきの美貌と、気品のある身のこなし、それにいかにも気前のよい金づかい。
  • 生まれつき丈夫な肉体。
  • 気品の高さと、貴族的な身ごなし。
(2-32)
  • ベチューヌで育った。
(2-35)
  • 象牙かと見まごうほど白い手。
  • むかし、タンプル・マールのベネディクト会の修道院の尼さんだった。
(2-37)
  • 罪悪、神通力、悪魔的な頭のひらめき。危険な手先。(byリシュリュー)

第二部

(3-16)
  • 息子が一人いた。(byアトス)
(4-4)
  • 若くて美しい。25くらい。
  • 金髪。髪の毛はふさふさして、肩の上まで垂れ下がっていた。
  • 目は表情たっぷり。
  • えも言われぬやさしい声。
  • アンヌ・ド・ブリュイ。
(4-12)
  • 殺人と姦通の罪過を重ね、だれの目にも忌まわしい、血に飢えた牝豹のように人を脅かす女。(byウィンター卿)

第三部

()