×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典 モードント

 主要人物一覧へ
 も>モードント項へ

モードント【Mordaunt】
  • 「ミレディーの息子。クロムウェルの片腕だが、母の仇を討たんと虎視眈々。」(4巻)
  • 「復讐の鬼と化した、ミレディーの息子。クロムウェルの腹心。」(5巻)
  • ジョン・フランシス・ド・ウィンター【John Francis de Winter】
第二部 第三部

第二部

「ミレディーの息子。クロムウェルの片腕だが、母の仇を討たんと虎視眈々。」(4巻)
「復讐の鬼と化した、ミレディーの息子。クロムウェルの腹心。」(5巻)

(3-16)
  • 23になるはず。(byアトス)
(4-3)
  • 幅広の帽子を冠り、灰色の羅紗服を着た一人の見すぼらしい修道僧。
  • 騾馬に乗る。
  • オーギュスタン会の坊さん。
  • 年のころは22,3だが、年よりもずっと老けて見える。
  • 青ざめた顔色、それもどことなく、胆汁色の黄色味をおびている。
  • 額のまわりには、帽子の丸い輪のあとがつき、くすんだブロンドの髪は、そのあたりで短くかりこんである。
  • 目は明るい青色だが、まるで視力がないように見える。
  • 無愛想なくらい冷たい声。
  • 無感動な表情。
  • 恐ろしい顔の坊さん。(byギーシュ)
  • 黄色っぽい髪、光沢のない目、一言言うごとに消えてなくなる唇。(byラウル)
  • ジョン・フランシス・ド・ウィンター。
  • 偽修道僧。
(4-5)
  • 蛇みたいな気がする。(byラウル)
(4-7)
  • 蛇の子。(byダルタニャン)
  • ウィンター卿は勘当したに違いない。(byダルタニャン)
  • 死んだか、どこかへ雲がくれしてしまったのだろう。(byポルトス)
  • 牝獅子には一頭の仔があった。その獅子が野に放たれて、立ち向かってくる。(byグリモー)
  • オーギュスタン会の修道僧に身をやつしている。
  • 背はグリモーくらい、やせて、顔色は青く、目は澄んだ青色で、髪は金髪。
(4-9)
  • 清教徒特有の陰気な、昂然とした態度。
  • 見るからにイギリス人らしい男で、髪は赤みがかった金髪、金髪というより赤褐色に近く、目は青い灰色、青いよりも灰色の勝った目。気位が高く、ぎくしゃくした感じの男。(byベルヌアン)
  • クロムウェルの秘書。腹心。
  • 23歳。
  • 肩書きをつければ、卿(ロード)と呼ばれる身分。
  • まるで大理石にきざんだような顔つき。(byマザラン)
  • フランス人の乳母に育てられる。5歳の時、親戚の名を教えられ故郷(イギリス)へ帰される。
  • キングストンの牧師に拾われる。
  • チャールズ1世の命により、貴族の身分を剥奪され、全財産を没収された。
  • 悪魔につかれたような表情。胆汁でくすみ、鉛色になる。
  • どんよりした色の目。
  • クロムウェルがもっとも信頼する人物。
(4-10)
  • 黒い胴着を着て髪を短くかった青年。(byマザラン)
(4-12)
  • 意地悪。血も涙もない人間。(自称)
  • いつもの冷静さ。
(4-13)
  • オリヴァー・クロムウェルのもっとも熱心な信奉者の一人。
  • 国王にたいする怨みからクロムウェル派となる。
  • 国王が私生児と断定、財産を没収し、ウィンターの家名を名乗ることを禁止する。
  • 清教徒で、修道僧に身をやつし、フランス各地を遍歴している。
(4-15)
  • 若い青ざめた顔色の男。
  • 青みがかった、うつろな目、映るものの色によってつぎつぎに変わってゆく虎のような目。
  • 一見、のろのろしてまのびしたような身体つきだが、それでいて、どこか毅然たるところが見える。
  • 黒い服を着て、長い剣をかなり器用にさしている。
  • ほっそりした窪んだ口、いつも頭脳の命ずるままに動き、感情を表に出そうとせぬあの目。(byアラミス)
  • 悪魔。(byアラミス)
(4-26)
  • 黒ずくめの男。
  • うつろなまなざし。
(4-28)
  • すばらしい黒馬にまたがり、イギリス軍の先頭に立って突進する青年。
  • 復讐鬼。(byウィンター卿)
  • ミレディーは死んではいない。あの女の魂はこの悪魔の肉体の中に生きている。(byダルタニャン)
(4-29)
  • 押さえても押さえきれぬ兇暴さをそのまなざしにたたえる。
  • 強者中の強者。(byクロムウェル)
  • 忠実な友であり、巧妙な交渉者であり、勇敢な軍人だった。(byクロムウェル)
(4-31)
  • 物わかりのいいかた。(byダルタニャン)
  • もともと分別のある男。
(5-5)
  • 満足げな憎しみの笑い、じゅうぶんに腹いせをしてやろうというほほえみ。いまいましい蛇野郎。(byダルタニャン)
(5-8)
  • 背は中くらいで服は黒ずくめ、顔を隠した覆面の下へ半白のひげの先が出ている。(年配の男に変装)
(5-9)
  • 自分の王さまを手にかけた卑劣なやつ。(byアトス)
  • 斧の扱いに慣れたやつ。(byダルタニャン)
  • 覆面からはみ出していたごましおひげ。
  • ほっそりして背もどちらかと言えば高いほう。
  • 脚はすらっとしているし、歩きかたにも、どことなく品がある。貴族。
  • 死刑執行人。
  • 痩せてすらっとしている。
(5-11)
  • 短刀でも拳銃でも扱いなれた若武者。
  • ひよわに見えるその身体のどこに潜むかと思うほどの怪力。
  • 粗野で不気味な笑い声。
(5-12)
  • モードント大尉。(byグロスロー)
(5-14)
  • 副船長。(byダルタニャン)
  • この名前のもつ不思議な、宿命的な影響力をまえにしては、その名を耳にするだけで身の毛のよだつ思いがする。
(5-15)
  • 23歳になったばかり。
(5-16)
  • いまは亡きモードント君と言えるのは愉快。(byポルトス)

第三部

()