×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典 ローシュフォール

 主要人物一覧へ
 ろ>ローシュフォール項へ

ローシュフォール【Rochefort】
  • 「枢機官の懐刀。黒マントの男。マンの町でダルタニャンと出あう。」(1,2巻)
  • 「リシュリューの腹心だったが、ダルタニャンの親友となる。」(3巻)
  • 「ダルタニャンの親友だが、大司教補の腹心として活躍。」(5巻)
  • 騎士【le gentilhomme】(1-1)
    マンの男【l'homme de Meung】(1-8)
    マントの男【l'homme en manteau】(1-18)
    マンの謎の男【l'inconnu de Meung】(1-23)
    黒マントの男【l'homme au manteau noir】(1-30)
    ローシュフォール伯爵【le comte de Rochefort】
    シュヴァリエ・ド・ローシュフォール【le chevalier de Rochefort】()
第一部 第二部 第三部

第一部

「枢機官の懐刀。黒マントの男。マンの町でダルタニャンと出あう。」(1,2巻)

(1-1)
  • 立派な風采の騎士。
  • 40から45歳。
  • 黒い、鋭い目つきの男。
  • 顔色蒼然として、鼻筋はくっきり通り、みごとに手入れした黒い口ひげを生やしている。
  • 胴着に、すみれ色の股引き、同じ色の細紐がついており、飾りとしては、ありふれた袖口から下着がのぞいている程度。
  • 股引きも胴着も、新しい品ではあるけれど、しわくちゃになっている。
  • 青白い微笑。
  • 笑い上戸ではない。(自称)
  • 落ちつき払った顔つき。
(1-2)
  • 枢機官の懐刀と言われる。
(1-3)
  • こめかみにちょっとした傷痕のある男。
  • 美男子。
  • 背は高い。
  • 青白い顔色で、髪は褐色。
  • 岩みたいなやつ。(byトレヴィル)
(1-8)
  • 枢機官の手先、腹心の子分。
  • 横柄な顔つきで、髪の毛が黒く、皮膚の色は日にやけて、目つきが鋭くて、歯は真っ白で、こめかみに切り傷がある。(byボナシュー)
  • マンの男。
(1-9)
  • フラン・ムーニエ旅館以来、ダルタニャンにとっては恨み重なる敵。
  • 背の高い、髪の毛の黒い、貴族らしい男。(byアラミス)
(1-10)
  • 年のころは40から45くらいの男。
  • 髪の毛は黒く、日にやけて、左のこめかみに傷痕がある。
(1-13)
  • 背が高く、髪の毛の黒い、傲慢な顔つきをした男で、まるでお大名のような様子。(byボナシュー)
(1-18)
  • マントの男。
(1-23)
  • ワルド伯爵はローシュフォールの従弟。(byトレヴィル)
(1-24)
  • 背が高くて、やせて、色が黒く、口ひげも目も黒く、見たところ貴族ふうの男。(byサン・クルーの老人
  • 不倶戴天の仇。(byダルタニャン)
(1-30)
  • こめかみに傷のある黒マントの武士。
(2-32)
  • 物覚えがいい。(byミレディー)
(2-33)
  • ジョルジュ兄さん。(byミレディー)
(2-37)
  • シュヴァリエ・ド・ローシュフォール

第二部

「リシュリューの腹心だったが、ダルタニャンの親友となる。」(3巻)
「ダルタニャンの親友だが、大司教補の腹心として活躍。」(5巻)

(3-2)
  • 4,5年前から行方不明。
(3-3)
  • 256号。
  • 人間ができている。(byダルタニャン)
  • 牢屋暮らしですっかり老けてしまい、黒い髪はすっかり白くなり、日に焼けた皮膚は青ざめ、いかにも疲れ果てたといった様子。
  • なかなか用心深いほう。(byマザラン)
  • 25歳の青年のような身軽さ。
(3-6)
  • ボーフォール公のお友だち。(byプランシェ)
(3-8)
  • 薄気味の悪い微笑。
(3-21)
  • 農民に扮し、ヴァンセンヌの堀の崖にある小さな畠を耕している。
(4-17)
  • 暴動の指導者としては打ってつけ。(byサン・スュルピスの司祭)
  • カセット街に住む(3日前から)。
(5-33)
  • 大司教補がむしゃくしゃしたときにいつも相手をさせられる。
(5-34)
  • 民衆の物腰を真似ようとしてはいるものの、貴族の出身であることは一目瞭然。

第三部

()