×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典 シュヴルーズ夫人

 主要人物一覧へ
 し>シュヴルーズ夫人項へ

シュヴルーズ夫人【Mme de Chevreuse】
アンヌ王妃の友人の一人。陰謀家。アラミスの恋人の一人。
  • シュヴルーズ公爵夫人【Mme la duchesse de Chevreuse】
    マリー・ミション【Marie Michon】
  • [マリー・ド・ロアン・モンバゾン(1600−1679)、アルベール・ド・リュイーヌと死別してからシュヴルーズ公爵クロード・ド・ロレーヌと再婚、フロンドの乱ではマザランを相手どって大活躍した](3巻解説)
    マリ・ド・ロアン【Marie de Rohan】
第一部 第二部 第三部

第一部

(1-2)
(1-7)
  • アラミスに口紅を買うよう言いつける。
(1-8)
  • エギヨン夫人より偉い。
(1-12)
  • ルイ13世の不興をこうむる。
  • ホランドに愛され、その恋に答える。(byバッキンガム)
(1-14)
  • 26歳ないし28歳の婦人。
(1-15)
  • 国王の目から見ると、王妃の政治的な策動に力添えをしているばかりでなく、それよりも遥かに心配なのは、色恋の道にかけても手引きをしているに違いないことであった。
  • トゥールに追放されている。
(1-16)
  • 王妃とぐるになって自分に恥をかかせようとしていると、ルイ13世が懸念。
(2-14)
  • 彼女の手紙をバッキンガム公がレ島の宿舎に置き忘れる。
(2-18)
  • マリー・ミション。(アラミスの従妹)

第二部

(3-4)
  • 12年間迫害を受け続けていた。
  • リシュリューを相手に始めた陰謀を、マザランにもやってのけようとする。したたかな女。(byマザラン)
(3-9)
  • かつてのシュヴルーズ夫人も、いまのロングヴィル夫人に劣らぬ美女であった。
(3-10)
  • マリー。(byアラミス)
  • 男の服がじつによく似合った。
  • ルイ13世が亡くなり、ブリュッセルから帰ってきた。
  • ボーフォール公の陰謀に加わり、マザランに追放される。
(3-22)
  • 16年まえにはフランスでもいちばんの美人、優雅な婦人という評判だった。(byアトス)
  • リュイーヌ邸に住む。
  • いまでもなかなかの美人だという評判。
  • このころはもう44,5歳になっているはずなのに、せいぜい38,9歳にしか見えなかった。
  • 髪は相変わらず美しいブロンド。
  • 大きな目は、いまもなお生き生きと聡明そうに輝いている。
  • 水の妖精のような後姿。
  • 気まぐれな性質も、むかしのまま。
  • まだよほど色気に自信があるに相違ない。
  • 好奇心たっぷり。
  • 陽気な口調。えも言われぬ魅力がある。
  • 自尊心が強い。
(3-23)
  • いたずらっぽそうな微笑。
(5-34)
  • 形と言い、色の白さと言い、相変わらず魅力的な手。

第三部

(9-6)
  • 太后の意思で追いやる。
  • 亡命後名もない貴族の妻として亡命地で死ぬ。
  • 経験豊かで抜け目のない明敏な女性。
  • 皮肉な声音。
(9-47)
  • 美人とは言えないまでもまだ女らしさが残っており、若くはないにしても、動作はきびきびして冒しがたい気品が備わる。
  • 贅沢な趣味のよい衣裳。
  • なんでも知りたがる性質。
  • いくら注意深く隠しても隠しきれない衰え。
  • 青ざめてかさかさになった頬。
  • 往年の輝きを失った目。
  • 黒くまばらになった歯。
(10-1)
  • 夜ひそかにおえらがたの門をたたくことは馴れっこになっていた。
(10-4)
  • 死んだという噂が宮廷に広まっていた。
  • そのむかし、太后の姉と呼ばれる。