×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダルタニャン物語人物辞典 チャールズ1世

 主要人物一覧へ
 ち>チャールズ1世項へ

チャールズ1世【Charles Ier】
イギリス国王
  • 「英国王、スチュアート。」(4巻)
  • 「白亜の宮殿(ホワイト・ホール)において断頭台の露と消えるイギリス国王。」(5巻)
  • チャールズ・スチュアート【Charles Stuart】
  • (2部)
第二部 第三部

第二部

「英国王、スチュアート。」(4巻)
「白亜の宮殿(ホワイト・ホール)において断頭台の露と消えるイギリス国王。」(5巻)

(4-8)
  • やさしい心の持ち主で、憎悪のなんたるかを知らない。
  • 誠実なので、裏切りを察することができない。
(4-9)
  • 謀反を企てた臣下たちを相手に戦っている。
  • アンリ4世の娘の婿。
(4-14)
  • スコットランドの生まれ。
(4-27)
  • 高貴な顔。
  • 青ざめたその顔は長い黒髪でかこまれる。
  • ヨーロッパきっての乗馬の名手と呼ばれる。
  • チャールズ・スチュアート。
(4-28)
  • 暴君と呼ばれていた。
  • ネブカドネザル。
  • 臣下の富を奪って着服する善良なるチャールズ王。(byモードント)
  • その顔の落ちついた宗教的な気高さ。
(5-1)
  • 相変わらず威厳に満ち、いわば運命に安んじているかのよう。
  • 青ざめた頬。
  • 気に入った。気品があって、しかもやさしそうな顔。(byダルタニャン)
(5-5)
  • まったく立派なもの。囚われの身だというのに、服装にはずいぶん注意を払っている。(byポルトス)
  • 不運な国王。不用意に行ったことがすべて故意の仕業とみなされ、過失が犯罪にすりかえられている。
  • 白刃の光に馴れっこの貴族。(自称)
(5-6)
  • 唇に諦めの微笑を浮かべ、堂々と、雄々しく死んでいったと伝えられる。
(5-8)
  • 子供にウェールズ王子(プリンス・オブ・ウェールズ、チャールズ2世)、ヨーク公、チャーロット姫、グロースター公(ヘンリー)。
  • 威厳に満ちた声。
  • 穏やかで、気品に満ち、威風堂々たる姿。
  • しっかりした響きのいい声。
  • 威厳に満ち、穏やかで、ゆるぎない眼光。
(5-22)
  • 欠点といえば、せいぜい気が弱かったくらい。(byアトス)

第三部

()